酵素カフェ

ゲリー・ボーネルさんの最新YouTubeと変更された4月16日のタイムライン

ゲリー・ボーネルさんの最新YouTubeと変更された4月16日のタイムライン

長野県では4月8日、5㎝ほど雪が積もったそうで、桜と雪という繊細な風景を長野の知人がナイスショットしてました。

11084016_792038367546185_6547867609504036345_o翌日4月9日も雪が残ってますが・・

11080572_792038364212852_5863944545919614788_o

雪の後の太陽の光で、桜の可憐さが際立ちます・・

繊細な、桜のはかなさを愛でる日本人に大地震の警鐘を鳴らすケリー・ボーネルさんですが、現在日本滞在中で、「4月12日から20日までが要注意で、場所は東海エリアとは限らない」と予言を変更してます。

This is an interesting phenomenon that happens before large quakes – I was expecting this to happen on the Tokai coast. This last happened just before the big quake and tsunami of 311. If this is an indication, the next quake (April 12-20) will once again happen in this area. Not good news for the already damaged Fukushima nuclear plant.
これは大地震前の非常に興味深い現象です。私は東海エリアで起きるものと予想していました。この現象は311の前にも発生していました。もし、これが地震の前兆であるなら、(4月12~20日)もう一度同じエリアで地震が起きる可能性があります。既にダメージを受けている福島原発にとっては悪いニュースになるでしょう。

https://www.facebook.com/gary.bonnell1/posts/828687040552613

茨城でのイルカ160頭の打ち上げを「大地震前の非常に興味深い現象」とし、「もう一度同じエリア」すなわちフクシマで近辺で地震が起きることを危惧しているようです。

フクシマと言えば、4月3日の2号機の温度急上昇が気になりましたが・・・

ゲリー・ボーネルさんの最新声明と急上昇した福島原発2号機の謎

いずれにせよ、ゲリー・ボーネルさん自身、地震への備えは「食事と想念に気をつけること」と言ってますから、心配するより、明るく過ごす方がナイスです。

4月10日は、富士山の近くに住むペルーラム君のお宅に伺いました。

途中、河口湖のあたりは4度の気温で、曇りの寒空で桜もまだこれからの様子。しかしながら、大きな富士山も何とか拝めて、
DSC_1135本栖湖からの富士山
DSC_1137水仙も富士山の方を向いて拝んでいます・・

身延駅前では、いつもの「みのぶ饅頭」をGETして、
DSC_1141故ペルーの先生は、甘い物がお好きでした!

静岡県となりの南部町は山梨県でも一番の暖かさで、気温は11度、
DSC_1204

ペルー君宅の駐車場わきのチューリップが花盛り、
DSC_1205

さて、雨が降りそうなので、到着早々、いざ出陣・・
DSC_1149

昨年と同じいでたちで、
DSC_1151

お目当ては南部町特産のタケノコ、先週まではまだ生えてなかったそうで、はたして?
DSC_1154

あっ、あります!
DSC_1157

生き生きとした「走り」のタケノコです。

果物でも野菜でも旬のものがいいですが、「走り」のモノには格別に力があるとペルーの先生は言ってましたネ。
DSC_1166

「走り」のタケノコを、いまやタケノコ堀りの名手となったペルーラム君の指導のもと、
DSC_1162皆でどんどん堀り起こし、
DSC_1175

アットいう間にこんなに集まりました〜
DSC_1182

「こらから次々と出てきますから全部持って行って下さい」と気前のよいラム君のお言葉に甘えて、DSC_1201

14個のタケノコを「お持ち帰り」です〜

それにしても、何度見ても素晴らしい純和風のお宅で、
DSC_1208「魔除け」のための鬼瓦とか、
DSC_1197玄関には大きな「ひのき」の大黒柱に、見事な格天井です。

DSC_1213

格(ごう)天井

格天井とは、格縁(ごうぶち)を碁盤目に組み、その上に裏板を張って仕上げた天井。
格間は一般的に45~90センチ程度の正方形。
格調高い天井様式で、重厚感があり、書院造り、寺院建築、大広間などに用いられる。
http://www.homes.co.jp/words/k5/525001395/

母屋の隣には、整体調整用スペースの正方形の離れがあり、

DSC_1147

DSC_1185

「場づくり」が心身の健康には大切ですので、

DSC_1187

いつも心地よい空間に整えられているのは、ペルー&東京の頃から同じです。

あれっ、前にはなかったモノが・・・

DSC_1186

素敵な言葉は、目にするだけで嬉しくなりますね・・

DSC_1189DSC_1191

2009年にペルーの診療所を引き払い、日本に帰国したペルーの先生は、3.11直前に、この家をいたく気に入って目黒区から転居して来ました。

しかし転居してスグの2011年の夏、「どうしても」というペルーの患者さん(医者)から、往復の航空券が送られてきて呼び戻され、ペルーに3ヶ月もいたり、東京との行き来も多く、半年位しかココにはいられませんでした。

結局のところ、息子のラム君に引き継がせるためにこの家を撰んだようなもので、年齢的にいえば、自分の老後に「お若いペルーの先生」がいてくれるのは心強いです。

自分が、ゲリー・ボーネルさん予言に注目したのは、3年前にペルーの先生が突然亡くなった日(4月16日)と符合してたのがきっかけですが、多にも符合する点があって興味深いのです。

例えば、ペルーの先生は「首の付け根部分の骨を整体」にする治療を重視してましたが、ゲリー・ボーネルさんは「首の付け根部分で魂意識と肉体意識が結ばれる」と述べてます(アトランティスの叡智)。

ゲリー・ボーネルさんの最新YouTubeでは、

ゲリー・ボーネルさん予言は、4月12日が、4月半ばに変更になり、4月16日のペルーの先生の命日にどんどん近づいているのがチト気になりますが、3年前に大地震を感知した先生が既にタイムラインを変えちゃっかも?

だと、いいですね〜

グラボヴォイの数字瞑想とゲリー・ボーネルさんの4月地震をおだやかにする召喚の言葉

ゲリー・ボーネルさんの最新声明と急上昇した福島原発2号機の謎

ゲリー・ボーネルさんの4月予言をかわす意識の持ち方を実践してみました!

ソルフェジオ周波数より凄いかもしれないグラボヴォイの数字瞑想

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top