酵素カフェ

環太平洋の地震の連鎖を「上書き」する54年ぶりの東京の雪

環太平洋の地震の連鎖を「上書き」する54年ぶりの東京の雪

11月の東京に雪が降ったのは54年ぶりとのことですが、

24日の朝、八王子市は真っ白で、今もしんしんと降り続いており、
dsc_8766

54年前の11月22日、昭和39年のオリンピック2年前に降った雪より、はるかに積もりそうな勢いです。

今から54年前の1962年、昭和37年。
初のオリンピックを、2年後に控えた東京。
その年の11月22日、銀座・数寄屋橋交差点で撮影された初雪の写真。
雪がちらつく中、傘を差し、寒そうに歩く和服の女性たち。
この時、東京都心では、8mmの積雪を観測した。
当時の新聞には、「箱根では、雪により、観光バスが立ち往生した」とある。
この年の年末から、翌年の1月にかけて、各地で、大雪による被害が続出した。
新潟・長岡市では、豪雪により、鉄道がストップ。
集落の孤立や家屋の倒壊など、甚大な被害をもたらした。
「38豪雪」として知られる、昭和38年(1963年)1月豪雪。
あれから半世紀、再び、「11月初雪」の可能性が高まっている東京。
なぜ、11月のこのタイミングで雪が降るのか。
例年、11月ごろの寒気は、北極を中心に広がっているが、2016年は、暖気が北極付近に流れ込んだため、暖気が寒気を押し出して南下。
ロシア大陸から、真冬並みの寒気が日本列島に流れ込むのに加え、冬の時期に、関東地方に雪をもたらす「南岸低気圧」が発生している。

headlines.yahoo

東京都心で積雪となれば、11月としては観測史上初めての記録となりますが、

「南岸低気圧」で2014年記録的大雪を観測した甲府にとっても74年ぶりの早さの初雪であり、

「清里の森ライブカメラ」を覗いてみたら、かなり積もっています!
licam

11月20日の清里は暖かい日でしたが、しかしながら、
dsc_8727

地元のパン屋さんは「今年は降りそうだね」と予想してまして、img_1919

2014年大雪では、山梨県は場所によっては1週間近く流通がストップし、

甲府在住の友人も、「アレはトラウマになってるよ・・」と言ってましたが、

トラウマに効くバッチフラワ−はスターオブベツレヘムで、

緊急時に使うレスキューレメディにもスターオブベツレヘムが入ってるのは、

ショックな記憶が後味悪く残らないためです。

そして、縄文時代とは、唯一、ピラミッド型社会に取り込められなかった理想郷だったという、ミナミAアシュタールさんは、

トラウマ的記憶は、そのまま再生せずに、違う絵に上書きした方がイイと言ってます!

ちょっとね、イヤなことがあったんです。

大したことじゃないんだけど、なんか胸にグサッと刺さる的な・・・

悔しいやら、悲しいやら・・・・このモヤモヤした気持ちどうしたらいいの??

・・って思いながら、何気なくネットを見てたんです。

そしたら、モルディブ旅行の広告が出てた・・・海、きれい^^

海に浮かぶボートがまるで空に浮いてるみたい^^
t02200203_0220020313804074990

あ~、憧れのハンモック^^
o0256016013804074991

行きたいなぁ~、こんなきれいな海見てみたいなぁ~^^・・って、

モルディブ、旅行・・で、検索開始!

気がついたら、エア(妄想)モルディブ旅行してた・・

気がついたら、イヤなこときれいさっぱり忘れてた(爆)

私って、簡単(笑)

では、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。

過去を覚えておく必要はありません。

過去は、いまとは全く違う時間なのです。

特に、あまりご機嫌さんではない過去は、すぐに手放してください。

いつも言いますが、時間というのはパラパラ漫画のようなものです。

今この瞬間に絵を描いている・・それが繋がって動いているように見えるだけのことです。

過去は、前に画いた絵・・それだけです。

その絵をいつまでも覚えて、その絵の続きを画こうとすると、似た絵になるのです。

分かりますね。

似た絵ですから、似た現実になります。

気分が良くない絵に似せて描くと、同じように気分の良くない絵になります。

次も似せて描くと、次も同じように気分の良くない絵になる・・それが続いて行きます。

でも、この絵は気に入らない・・だから、違う絵を描く・・と意識して、違う絵を描くと

そこから違う絵が続くということになります。

これが、タイムラインを変えるということです。

自分で好きなようにタイムラインを変えることが出来るのです。

意識して、前とは違う絵を描くと思えばいいのです。

気持ちのいい絵は、その絵を真似して画いてください。

そうすれば、気持ちのいい絵が連続します。

過去に描いた絵は、いまとは全く関係のない絵だということです。

あなた達は、過去を覚えておいてそれを教訓にして未来を創るのです・・と教えられ、

いつまでも過去の失敗(と思われる現象)や、イヤなことを忘れないように努力しています。

そんな努力はいらないのです。

過去の出来事を思い出し、そうならないようにとすることは、似た絵を描くことになって

しまい、またその過去の絵の続きを画いてしまうことになります。

過去の出来事を教訓にする必要はないのです。

いまこの時にどうしたらいいのか? どうしたいのか?で絵を描いてください。

失敗というものはありません。

すべては素晴らしい体験です・・そして、素晴らしい絵なのです。

そして、マインド(頭)で覚えておこうとしなくても、いつでも過去の絵を

取り出すことは出来ます。

過去の絵は、すべて収納庫にしまってあります。

そして、本当に必要だと思った時は、その絵がどこにあるのか検索することが出来るのです。

それは頭では無理です。

頭ですべての絵を覚えておくことは無理なのです。

でも、エネルギー場で検索すれば、必要だと思う過去の絵は簡単に見つかります。

過去に何か聞いた?見た?ことがあるけど、それがいつで、どこで聞いたのか思い出せない・・

という時は、エネルギー場に関連ワードをいくつか入れて検索をかけてください。

そうすれば、その時の絵を取り出すことが出来ます。

言っていることが通じていますでしょうか?

こんな絵を探してください・・とオーダーするんです。

そしてしばらくマインド(頭)を静かにしてください・・そうすればパッと取り出すことが

出来ます。

必要な時には、この方法で収納庫から過去の絵を取り出して使ってください。

あなた達は、どうしてかわかりませんが自分にとって楽しくない過去の絵ばかりを

取り出す傾向にあります。

何回も何回も繰り返しその絵を取り出し、イヤな気持ちをまた思い出す・・ナンセンスですね。

そんなことをしても、何も進展しません。

気持ちが落ち、波動エネルギーが重くなるだけです。

どうせ繰り返し絵を取り出すなら、楽しくて気持ちの明るくなる絵を取り出してください。

その絵と波動をリンクさせれば、あなたのいまの波動エネルギーも軽くなります。

過去に描いた絵も使い方で、いまのあなたに対しての影響が変わってきます。

それよりも、過去の絵にこだわるのではなく、いま画きたい絵を描いていけばいいんです。

そうすれば、いまが楽しくなります。

いつも楽しい絵を描いていれば、ずっと楽しい絵が繋がって、楽しいパラパラ漫画になります。

あなたに愛と感謝 そして平和の光を送ります」

ameblo

優れた治療士やヒーラーは、患者さんの固定化した「気分の悪い状態」イメージを「上書き」して、「気分の良い状態」に引き上げてくれるものですが、それには、「上書き」すべき箇所を確認出来る力も必要だったりします。

で、今、環太平洋で「地震の連鎖」が続いてるそうです。

<環太平洋でただひとつだけ地震の連鎖から外れているアメリカ>

下はアメリカ地質調査所(USGS)の、過去 30日間の「環太平洋で発生したマグニチュード 4.5以上の地震」の分布図です。
m4-5-november

アリューシャン列島や東南アジアも地震は多いのですが、規模の大きな地震に見舞われた地域をピックアップしますと、以下のようになります。

・ニュージーランド M 4.5以上の地震 110回
・南米 M 4.5以上の地震 57回
・日本 M 4.5以上の地震 48回

となっていて、ニュージーランドの余震のレベルが激しいことを物語っています。

そして、注目すべきは、この期間の、やはり環太平洋地震帯に属するアメリカ西海岸ですが、そこは・・・

・アメリカ西海岸 M 4.5以上の地震 0回

となっているのでした。

他の環太平洋火山帯の地域で地震が活発な状況から考えますと、「今のアメリカは中規模の地震がなさすぎ」といえなくもないような気もします。

今の状態に違和感を感じましたたのは、今年のアメリカは、たとえば、

・北米の異常な地震 2016(1): 今年の新年は「全世界の8割の地震」がアメリカで発生 — 西海岸、アラスカ、ハワイで1ヶ月で1万回を越える地震が発生し続けている 2016/01/08

という記事などに書きましたが、今年の初めなどは、小さな地震ですが、とんでもない数の地震がアメリカ西海岸などで発生し続けていました。

2016年1月3日までの30日間で「4184回の地震」を記録したアメリカ西海岸
california-2016-0104b

もちろん、今も、この地域では「きわめて小さな地震」はたくさん発生していますけれど、このような状況で「マグニチュード 4.5に達した地震がゼロ」というのは、何となく不思議な気もします。

こういう「地震の空白」が何か大きな事象につながるのか、それとも、ずっと穏やかなままなのかはわかりませんが、「アメリカだけ地震の連鎖から外れている」というのは何だか奇妙です。

いずれにしましても、今のこの数ヶ月ほどの「世界の地震の連鎖」が、どれほどの規模で、あるいは、どのくらいの期間で続いていこうとしているのかは不明ですが、今はその拡大の渦中だと個人的には思います。

indeep

先日のニュージーランド地震の際には不振な米国船が目撃されていたり、

福島県沖では、22日、久々の津波警報が出るM7.4が起き、今朝もM6.1の地震があり、今もグラッと来ましたが、

個人的には真っ白な雪は「浄化」のシンボルであり、

「記憶」をクリーニングし続けることで浄化されるという「ホ・オポノポノ」でも、

イヤな記憶を浄化するのに「アイス・ブルー」と言って、氷河の色をイメージしたり、

白いバニラアイスを一口食べるとイイとしてますので、
1516

54年ぶりに東京に降る雪があまり積もらないことを祈りつつも、戦争や災害のイメージを上書きして、新たなタイムラインを創りましょう!


URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top