酵素カフェ

シャルリー・エブドの「パリは燃えているか」&アングロサクソンミッション

シャルリー・エブドの「パリは燃えているか」&アングロサクソンミッション

2015年新年早々パリテロで揺れるフランスですが、1月14日発売の仏風刺週刊紙シャルリー・エブドは、ナント、

「発行部数 300万部」であり、
img_13d5f944cdce999b39422c0079f77ccd133314

世界で最も売れている、アメリカの英字ビジネス誌フォーチューンでさえ発行部数が100万部で、通常のシャルリー・エブドの発行数は、4万5000部だったからスゴイ増刷ぶりです。

今回の事件は、発生直後からヤラセの偽旗事件だという情報が出まわってました・・9f7064f2-s頭打っても血が出てないし、第一当たってない・・確かに!

犯人の目が「レ・ジュー・ブルー」青かったという目撃情報もあります。

おまけにこの行進まで演出だったそうです。BN-GJ411_9frmar_M_20150111100550パリの人達と一緒に行進したわけではないそうです・・

world-leader-fake

この事件を担当した警察署長さんが自殺し、オランド仏大統領が「イルミナティがパリを攻撃している」と言った・・とかの情報まで出ましたが、ちょっと違うようです。

しかし、まず大統領は「イルミナティ」と言っているのではなく、『イルミネ』と発音しています。illuminéで翻訳機にかけると「悟りをひらいた」というのが出ます。普通、会話の中では「illuminéした人」という表現は『平常心を逸した』『気が振れた』というもので、『イルミナティ』のことを差すのではありません。「あの人、ちょっとオカシイよね」という感じです。

それから、オランド大統領はイルミナティではありません。フリーメーソンではあると思いますが。

イルミナティとは:
世 界的な政治・宗教指導者、政府、軍産複合体、多国籍企業、非常に裕福な家系、チャリティー団体、警察のトップ、国連、アフリカ連合、欧州連合、バチカン、 CIA、M16、ビルダーバーグ、マフィア、国際刑事警察機構、ボヘミアングローブ、WHO、セレブ(王族、貴族も?)、主要メディア、不認可の特別アク セスプログラム、麻薬カルテル、NATO、イェールのスカル・アンド・ボーンズ、NASA、,三極委員会、株式市場、 巡礼者協会、IMF、フリーメーソン、世界教会協議会、世界銀行、G20、G7、ICC(世界商業会議所或いは感染対策委員会?)、CFR外交問題評議 会、地球外生命体など

http://solesoleil.exblog.jp/23328652/より抜粋

確かに、まるで「バレてくれ!」というワザとらしさで、昨年暮れから異物混入事件続発のマクドナルド並みの幼稚さです。

6fdee55b-s
マクドナルドの大株主はユダヤ系財閥の「ゴールドスミス」、ロスチャイルド系だそうで、ディズニーと同じくマスコミの非難報道はタブーだったのに、何やら変化の兆しでしょうか?

そういえばNHKは、シャルリー・エブド襲撃映像で、上のヤラセ銃撃シーンだけカットして流したそうですが・・

Return Top