酵素カフェ

2020年が節目のタイムラインと機密解除を要請したトランプ大統領

2020年が節目のタイムラインと機密解除を要請したトランプ大統領

2017年5月9日、またまた黒点ゼロとなった太陽に多数の磁気の巨大なフィラメントが浮かび上がり、

太陽さんがフラッシュしそうな状態だったり、solar-explosion-0510b
この5月は各地で謎っぽい雲が観察されていて、

イタリア・エトナ火山上空 5月4日etna-0504
カムチャッカの連山 5月初旬kam-double
英国ヨークシャー 5月6日jet-like-cloud

日本では5月12日の午前7時前、気象庁の雨雲レーダーに静岡県の浜松市・磐田市近辺で「謎の円」が出現し、ダウンロード (8)

この謎の円の正体は「レーダーの不具合」とのことですが、

1日遅れで雨は降りましたのでタイムラインがズレたのでしょうか?

「タイムライン」といえば、

元ソニーのエンジニアで、同時通訳も出来る坂本政道氏は、

2009年、こんな「タイムライン」をキャッチしていました。

2012年:14万4千人が目覚める。大きな変化はない。

2012年〜2015年:さらに多くの人が目覚める。

2015年:初めてクリアなETとのコンタクトが起きる。

2015〜2020年:ETの存在に人々が気づく。ポジティブな地球とネガティブな地球に分かれ始める。

2020年:戦争がなくなる。

2025年:ETの存在は、人々があたりまえに知っているようになる。フリーエネルギーが大規模に使えるようになる。ETの宇宙船を人類が使えるようになる。

2025年〜2030年:新しい経済システムが現れる。お金は要らなくなる。

2030年:人口は現在の半分になる。災害のためではなく、自然滅。

2040年:UHOの技術を使った浮遊が可能になる。

2020年に「戦争がなくなる」はウレシイ未来図で、

2015年から「初めてクリアなETとのコンタクトが起きる」とのことですが、

秘密宇宙プログラム(SSP)において、非地球存在とのコミュニケーション(“インターフェイシング”と呼ばれている)で重要な役割を果たしたというコーリー・グッド氏の、
1_Corey_Goode_

最近の「コズミック・ディスクロージャー」では、

トランプさんが今までの大統領とは違う動きをしていることを指摘してます。

David: トランプの叔父が極秘事項に関わっていたことは確かです。あなたは何か知っていますか?

Corey: 彼の叔父の名はジョン・ジョージ・トランプです。かつてはMIT(マサチューセッツ工科大学)の教授で科学者でした。テスラの死後、彼の資料や実験の片付けを手伝うように、テスラの施設に呼び出されました。

現大統領の最近のコメントがこれで説明が付くかも知れません。

覚えているでしょうか、彼は就任式演説の最後に隠蔽技術について気になることを話しました。

ドナルド・トランプ ~ 2017年の就任式演説2_Screen_capture_Trump
「私たちは、新しい時代の誕生に立ち会っています。宇宙の神秘を解き明かし、地球上から病気の苦しみを失くし、未来の産業とテクノロジーを利用する準備をしています。」

David: 彼はフリーエネルギや若返り、最低でも病気を減らすなどの突拍子もない技術を語っているようですね。

就任式演説でこのような約束をするのは、彼にとってはかなり勇気の要ることです。もちろん、聴衆はそれを「どうせいつもの政治家の二枚舌だろ」と片付けてしまいますが、この発言には何かの意味があるのでしょうか。

Corey: 彼の叔父がこのフリーエネルギ技術に関わっていたのなら、彼は家族からフリーエネルギ技術がすでに発明され、実用化されていることを聞いている可能性があります。

彼がそのことを知っていたとしましょう。ところがブリーフィングでは、安全保障顧問から完全な情報をもらえないことに気付きました。

David: 軍産複合体の秘密宇宙プログラムについて、トランプは自分が低レベルの情報しか受け取っていないと気付いたことを、あなたはかなり自信を持って言っているようですね。

Corey: ええ。彼はブリーフィングでフリーエネルギ技術もヒーリング技術も聞かされていませんでした。でも、私の受け取った情報によると、彼は秘密の大統領覚書をエネルギー省や国防総省などに送り、1000件以上の特許の機密解除を要請した、というよりは実質的に要求したそうです。

David: わお!

http://mizu8882.blog.fc2.com/blog-entry-1899.html

トランプさんは科学者の叔父さんからの情報で、大統領にすら隠されている「秘密」があることを嗅ぎ付けているようですが、

そういった「秘密」に近いところでサイキックとして働いていたコーリー・グッド氏は、

2020年はやはり、「大きな節目」になると言っています。

Corey: ごく最近のティール・エールの話によると、私たちは種として非常に重要な三年間の窓に入っていて、種として全員で体験するような現実を迎えているそうです。

この三年間の窓は極めて重要で、私たちがどのように自分を奮起させて開示を勝ち取るかが非常に重要です。

集団瞑想などを始めて、私たちの潜在意識の残存部分の中で100匹の猿効果を始動させることが極めて肝要になります。

David: 3年間ですか。気になりますね。ジェイコブという非常に博識な宇宙プログラム・インサイダーがいますが、あなたも知っている通り、彼は知っていることを全部話してはくれません。

彼は2020年についていろいろと話しており、重要な窓の一つだそうです。あなたの話とぴったり一致しましたね。

Corey: ええ、2020年です。ゴンザレスは 20/20 のビジョンについて冗談をかましました。2020年はこの移行の大事な一部です。何か大きな意味があると思います。

David: 他の放送回で私たちは何度もある種のソーラーフラッシュについて話してきましたが、ティール・エールがそこまで明言したのなら、2020年より前にソーラーフラッシュが絶対に起きないことを示唆しているとも受け取れますが、それについてはどう思いますか。

Corey: そうとも受け取れますね。

David: となると、2020年から2024年までの窓はどうなんでしょうか。確かに一年分追加したと言いましたね・・・

Corey: ええ。

David: その窓について話してくれませんか。2020年とその後の期間に何が起きるのでしょうか。

Corey: 何が起きるかははっきり分かりません。でも、その時期に、人類としてある種の決定を下す必要があるみたいです。

物事をかき回して混乱させようとしている集団の多くはいま傍観しています。主導権はほぼ私たちが握っているようです。

この先、どのように進めるのか、それはこの新しい情報を私たちがどう扱って、どう反応するかによって決まります

http://mizu8882.blog.fc2.com/blog-entry-1899.html

3年後の2020年には東京オリンピックが開催されますが、まだ決まってなかった2009年、坂本政道氏はバジャールからこんな情報を受け取ってます。

「2012年から2020年ごろまで金は価値を持つが、それ以降は人々の価値観が変わるので、価値を失う。といっても、これは問題にはならない。

金が価値があるのは、通貨と同じで信用が基盤にある。札が単なる紙なのと同じに、金も単なる金属だ。それが価値を持つのは、人々がそう信じるからだ。価値観が変わり、人々は愛情や思いやり、感謝ということに価値を見出すようにる。」

坂本:「これから円やドルの価値が失われ、さらに金もだめだったら、どういう形で資産を守ったらいいんですか?不動産ですか?」

「一時的なら東京などに高級マンションを買っておくというのも手だ。貨幣価値が下落するので、たとえば今1億円で買えるものは、何十億円もすることにになる。が、そんなことをしても意味がない。本当に東京にマンションが必要ならそうすればいいが、必要ないなら重荷になるだけだ。

何も心配することはない。心配、不安はネガティブな発想だ。ポジティブに生きれば、必要なものが必要なだけ手に入る世の中になるのだから。・・

2020年ごろに新しい経済システムの萌芽が見られるようになり、2030年ごろまでにはこの新しいシステムに置き換わっていく。

このシステムでは貨幣は使われるが、顧客は自分の受けたサービスの満足感に応じた額を喜んで支払うという形になる。このころには人々の意識がかなり変わってきていて、喜びがすべての行動の基になっている。仕事も喜びを得るために行うというふうになる。」

2012年の「14万4千人が目覚める」に遅れが出たため、3年間の猶予期間があったとの情報もありますが、

いずれせよ2020年はもうすぐですし、コーリー・グッド氏が強調しているように、

全人類から隠されてきた最大の秘密の一つが、私達の意識のパワーについてです。

私達の意識には共同創造メカニズムが備わっています。光、エネルギー、物質、それぞれに状態は違いますがすべて振動です。

そして意識、特に私たちが集団として一体となった意識で一つの結果にフォーカスすれば、そしてその意識の引き金として愛を用いれば、私達は共同創造意識の力で現実を変えることができます。

2020年以降、「意識のパワー」価値がどんどん高まっていくのは確かなようですネ!


URL :
TRACKBACK URL :

コメント & トラックバック

  • コメント ( 6 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. たぶんコーリーさんの言ってる集団瞑想(mass meditations)って、コブラみたいにグループ瞑想とかいってみんなで祈る(心配する?)様なのとは違って、意識を開放するひとが増えるとそれが集合意識に影響する(ジェームズさんのいうホールネスナビのバックドアというのが潜在意識の残存部分?)みたいな感じなんだと思いますヨ。

    だってコーリーさんの話を読んでコブラの危なさ加減がいちだんとよくわかったのに、その本人がグループ瞑想のオススメなんかするワケないんだもん。

    ただコーリーさんが変なのに乗っ取られでもしたら別だけど、そういえば最新のコズミックジャガあんまりオモシロくなくなったのは、もう言うべきことは大方言ったので後は安全重視路線(どっちにしろコブラがほっといてくれない感じなので)で何か考えがあって質を落としてるのかも知れないですネ。

    • エネルギーが吸い取られるような・・例の集団瞑想のヤバさは実感しましたよ。まあ、気のせいかもしれませんが、集団行動は振り子ですからね。

      コーリーさんの集団瞑想はもっと個人的な小規模なグループで同じ方向性を祈っているという感じですよね。

      <ただコーリーさんが変なのに乗っ取られでもしたら別だけど>

      そういえばグリゴリーさんがそんなことを言ってましたけど、どうなんでしょうね。いずれにせよ、スピ系というか、宇宙の方々も分極化しやすい傾向があるよーな。

      • 集団瞑想のヤバさは創造力を悪用されちゃう感じですネ。
        エネルギーでいうと変な方向(逆向きとか)にされちゃえる、みたいな。

        それに人類は深いトコでつながっててワンネスなら瞑想(深いトコ関係)をグループ集団でやったり、共闘?とかいってるのもヘンな気が。。。¿(・・)?

        とにかくコズジャはデコ助コックさんも良い質問をするし、新たな視点(それによってエイリアンインタビューとかも何なんだか納得)というか想像力をかきたてられる感じが面白さなので、それが無くなれば読まないしグッドさんがバッドさんでもあんまり関係ないというか、うちゅうの方々は今も昔も分極化な傾向だと思いますネ。

        つまりよく言われるコトだけど、今地球で起きてる問題と人類の進化とかは、宇宙全体が関係していて地球はそれを代表してる、みたいな気がしてます。

        • <エネルギーでいうと変な方向(逆向きとか)にされちゃえる、みたいな。>

          自分は「いついつに、これこれのヤリ方で・・」というのが苦手なんで、イヤ感が出ることは(可能なら)シナイ方がイイと思いましたが、そういうことかもしれませんネ。

          おっしゃる通り、ワンネスとは日々日常の中でヤルものであり、知れば知るほど、スピ系は分極化と依存を招く罠にようにも感じ、巨大宇宙船見たペル先生がソッチ系には興味ナッシングだったのもガッテンで、

          <今地球で起きてる問題と人類の進化とかは、宇宙全体が関係していて地球はそれを代表してる、みたいな気がしてます。>

          は、ホント、その通りだと思いますよ!

          • >いついつにコレコレのやり方~

            @それって瞑想じゃなくてMKなんじゃ。。。(・・;)
            とりあえず自分に直接関係ないコトを心配させて集団で祈るのより、人類の創造性にフォーカス(コズジャ路線)する方が健全だし、ちゃんと瞑想できる気がします。
            というワケで創造性、造物主感覚アップに使えて、実用的にけっこう効くと思うのを紹介します。
            http://solopub.blog103.fc2.com/blog-entry-307.html

            ソロパブさんは、引き寄せの法則でユーホーを引き寄せるというのが合理的?みたいなコトも言っていて詳しくは「ソロパブリッシュUFO引き寄せ」で検索してみてください。トラサー的でオモシロイです。

          • イルカ

            ソロパブさんのご紹介ありがとうございます。

            例によって、このコメ、今日気づいたんですけど、「不快感をMAXまでもっていく。抑えこんだりせず、120%出し切るのがコツ」とか「セルフ・ハラスメン」トが一番有害とか、今、読んでる大嶋さんのトラウマちゃんと似ていて、実感的にも納得です。ゼロ・ポイントフィールドもナルホドで、たいへん参考になりました!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top