酵素カフェ

コロナ渦で起きた「アゼルバイジャンの奇跡」と「気づき」のタイミング

2020年に突然あらわれ、世界中を巻き込んだ「コロナ騒ぎ」のおかげで、

新しい人生にシフトしたイイ例が、アゼルバイジャンにありまして、

Amiraslanさんはこう語ります。”私はギル村のクーサル出身です。最近までバクーで料理人として働いていましたが、コロナの影響で仕事を離れることになりました。母と一緒に、私たちは2019年5月ブログを作成しましたが、仕事があったので全ての時間をそれにつぎ込むことはできませんでした。でも今は急に時間が自由になったので取り組むチャンスができました。母は家事の管理や動物の世話、庭の手入れなどをしなければならないので、まだやることがたくさんあります。しかし、彼女はまだブログのための時間を作ってくれます ”

彼によると、お母さんはYoutubeで自分自身を試してみたいと喜んでアイデアを出してくれたので、説得する必要はなかったようです。結果として、二人は非常に創造的なコンビとなりました。成功するまでの時間は長くかからず、アップロードされた新しいビデオは、次々と購読者数の増加につながりました。

https://galapagosfrog

料理人として培ったセンスと、故郷・家族への愛情が溢れた動画は、瞬く間に大人気となったとのことで、

こういった奇跡みたいなことが頻繁に起こるご時世のようです。

冬場に備えて、イチゴをコンポートにしてる様子などが沢山配信されていて、

昨日は、雪の中でパンを焼く様子がアップされてました〜

「夢」のような生活だな〜 とウットリしちゃいますが、

アゼルバイジャンのワクチン接種率は5割弱で、ブースター接種率は14%(2021年12月28日)です。

そして、80%の接種率で、ブースターも30%を超えてるフランス国には、ジャック・アタリさんという著名な思想家・経済学者がいまして、

以前から、こんなことを書いていたそうで、

で、この話を、ヘンリー・メイコウさんという著述家がブログで紹介したら、ナント、ロスチャイルド家の現当主であるジェイコブ・ロスチャイルドさんから「返信」が来たそうで、その内容を日本の中村医師が翻訳してくれてました。

**************

「Dear ヘンリー
あなたは問題を指摘するのが上手だ。おっしゃるように、このコロナ騒動は世界の財政、資源、生産、消費、汚染、過剰人口を管理/規制するためのものである。
もっとも、あなたが何を考え何を言おうが、私の一族が支配する機関(イギリス王室、バチカン、メイソン、世界の主要な君主、企業など)はまったく意に介さない。
我々が支配するのは、金融機関だけではない。あなたの政府もメディアも支配しているし、地球上のほとんどすべての仕事、そしてあなたの銀行口座のお金さえ支配している。あなたはこの事実を変えることはできない。

ヘンリーよ、あなたは様々な事実を突きつけて我々を攻撃しているが、そういうやり方はまったく時代遅れだ。
人々というのは、概して「ふりをする」ものだ。他の人が信じているものを信じるし、そうでなければ、メディア(つまり我々)に誘導されることをするだけのこと。あなたのように世間の人々の信念と反対のことをすれば、ろくに話も聞いてもらえず、社会から閉め出されることになる。実際そういうことがあなたにも起こっているだろう?
権力者は大衆を誤った方向に導いたり、あなたみたいな人を拒絶/迫害するように大衆をコントロールしている。あなたはそのことについて道徳的な疑問を持っているが、それは我々には関係ない。それはあなたの問題であって、我々の問題ではないのだよ。

あなたは、私の支配下にある(英国とは)別の国で言論活動をしているわけだが、あなたの文章はここ英国の私の裏庭にも届いており、「真実に敬意を」と称するあなたのサイトを見ることができる。もっとも、そのやり方は時代遅れで、規模も小さく、無名かつ下品なフォロワーがいるだけのサイトだが。影響力のある人物は誰もあなたの言葉など聞いていない。ただ、私は特別な機会(今回のあなたの投稿のような機会)に、あなたの誤りを正す必要があるとも感じている。

世界管理に必要な物質的平準化(material levelling)と人口削減
巨大な権力と富を手に入れると、多くのものを支配下に置くことになる。この支配によって、自らの利益を保ち、また、拡大するわけだ。しかしこの支配を維持するには、とてつもなく重い責任が伴う。先ほど言ったように、環境汚染、紛争、搾取、人口過剰など、果てしなく続く解決困難な問題に対し、様々な決断をしなくてはならない。

ジャック・アタリは、新世界秩序プロジェクトの忠実な弟子だ。このプロジェクトは、世界政府によって多くの物事を地球規模で支配することを目標にしている。その手段には、平等のための物質的平準化と世界人口の激減がどうしても必要となる。これらは、残念ながら、あなたが感情的にどうしても受け入れられないものだろう。

あなたが抱えている問題は、この問題に反対する常識的な人がほとんどいないことにある。また、あなたが唯一不満に思っているのは、これらの解決に必要であると私たちが考えている手段にあるようだ。あなたは「これらの問題の多くは誇張されており、現時点では存在しない可能性がある」と主張しているが、この点についてはあなたの言う通りだ。
しかし、私たちは50年、100年先を見据えた計画を立てている。大事なことは、恐れていることが将来起こらないようにすることだ。この計画の中で、私たちは外国勢力による土地や資源の収奪や、増え続ける公害問題を監視する必要があるし、もっと重要なことは、自国の人々が将来大きな問題とならないように、収奪、過剰消費、過剰繁殖を止めるようコントロールしなければならない。

また、いったん権力や富を持つと、それらを捨てたり、分かち合ったりすることが非常に難しいことに気が付くだろう。しかし、権力や富というのは、増やすことができるのはもちろん、自分の支配下にあるすべての人々にとって、物事をより平等にしたり、争いを鎮めたりすることができることにも気が付くのだ。

権力のしんどさ

ヘンリーよ、あなたには理解できないかもしれないが、我々世界の指導者たちが背負っている重荷は、大変なものだ。我々は、イギリス王室やバチカンを含むすべての国家元首、そして世界の有力な家系とともに、世界統治の新秩序の計画を遂行するために、懸命に働いている。また、世界の貿易は大幅に拡張し、規制が必要な状況になっている。ヘンリーよ、あなたに尋ねるが、こうした計画や規制は、我々の力によるのでなければ、一体他の誰にできるというのか?

我々は、将来の世界には十分なものがないと考えている。だから、まず世界をコントロールしなくてはいけない。次に、そこにあるものを我々が選んだ人たちに、最も有利と思われる形で分け与えなければならない。権力はそのためにあるのだよ。

あなたは、これらの問題を解決するために私たちが使っている方法に対して、懸念を表明している。あなたはそれを「全体主義」とか「共産主義」だと言っているが、我々にとっては、それらは「真実」「自由」「正義」といった類の抽象的な言葉に過ぎない。どんな危機においても、人々は感情で行動するものだ。実際の事実や批判的思考、理性に基づく行動などしないのだ。

あなたは明らかに我々のレベルに達していない。あなたの文章から漂う知的なプライドはけっこうだが、それは人々に、社会に、何の変化ももたらさないだろう。あなたは、時代遅れのコミュニケーションの中で孤立しているに過ぎない。論理と事実は(科学における論理と事実さえ)、支配されているのだよ。あなたが我々のやり方にグダグダ文句を言ったところで、事態は何一つ変わらない。

問題の中身が何であれ、それが深刻な問題であると世間一般が認識していれば、大事なのは解決策とその解決策への協力である。我々は問題を設定し、その解決策を提供する。実のところ、20世紀を支配したのは、事実でもなければ理性でもない。心理学の利用こそが20世紀を背後で動かした原動力だ。なるほど確かに、あなたは知的であり、ジャーナリストとして能力があるかもしれない。しかしあなたがこの世界で現実的な力を持たないのは、このあたりに理由がある。

あなたは、パンデミックやワクチンについての真実をあばき出すことで、人々に影響を与えられるとでも思っているのだろうか?

バチカンのフランシス(ローマ法王)でさえ、パンデミックが必要であったことを知っている。なぜ、あなたが言うところの「共産主義者」である彼が、歴史の中の特にこの時期にその職に据えられたと思う?

新しい秩序を切り開くためには、多くの変化を起こさなければならない。多くの人事が必要となる。彼ら全員がユダヤ人というわけではない。私としては、もっと多くのユダヤ人を任命すべきだし、フランシスがもっとユダヤ的であれば、と思っているが。

私たちの計画については、すでに国連や世界経済フォーラムで表明されているわけだが、あなたは我々のやり方のことをまったく分かっていない。そのことをお伝えしよう。いや、こういうことを明かしたからといって、私たちの計画への反対派が勢いづいて怒り出す、などという心配はまったくしていない。

あなたはワクチンのことを言っているが、なぜこれが国民に強制されているのか、それさえあなたは分かっていない。あなたは不思議に思っている。「このウイルスは脅威でも何でもない。ワクチンは明らかに不必要かつ役に立たない。何ならむしろ、淘汰への序曲、それ以外の何物でもないじゃないか」
あなたは尋ねる。「明らかに危険であり多くの死亡や健康問題を引き起こしているこのワクチンを、なぜ政府は国民に強制しているのだろうか」
さらに尋ねる。「なぜ政府は、ウイルス症状を効果的に治す安価な薬の使用を抑圧し、役に立たない危険なワクチンを使わせようとするのだろうか」

このことはあなたにとって謎であり、それゆえにあなたは陰謀論に走るわけだ。「人間の群れを淘汰するためにワクチンを使っているのだ」などとね。ヘンリーよ、そういう声をあげることで、人々が怖がり目を覚ますとでも思っているのか?あなたは小学生のように「なぜ?」と問い続ける。人々は政府が自分たちの世話をし、お金をくれ、安全を確保しようとしていると信じ切っている。そんな国民に、あなたの主張する事実や理性が通用すると、本気で思っているのか?

ヘンリーよ、すべては心理学とメディアなのだよ。私がここで何を言ったところで、結果に何一つ影響は出ない。

我々は現在、毎年ワクチンを受けるように人々を調教しているわけだが、そういうこと以上にもっと重要なことが起こっていることに、あなたは気付かないのだろうか?
中央集権的統制と共産主義について、私の友人のジャック(アタリ)が言っていることが正しいとすれば、「平等」こそ我々のアジェンダと新世界秩序の最も中心的かつ根本的な概念となる。我々が「全員がワクチンを受けなければならない」と言うとき、我々がそれを本気で言っている。そのことはあなたにも分かるだろう。しかしあなたが分かっていないことは、「平等」こそがこの運動全体の本質ということだ。

ヘンリーよ、「全員(everyone)」という言葉が鍵なのだよ。これは魔法の言葉だ。全員が同じことをしなければならない。我々が育成したすべての共産主義国家では、この新秩序において計画された「平準化」のための「平等」のため、人々が同じニーズと欲求を持たねばならない。そして全員が同じ命令に従うよう、調教されねばならない。

我々が育成に成功した現代中国では、人々は多くの違いをなくさねばならなかった。全員が同じ服を着なければならないといった小さなことでさえ、文化的平等、物質的平等、つまり「同一性」を浸透させるために極めて重要だった。

もちろん、マスクはウイルスには全く役に立たない。しかし大事なことは、トップダウンの命令に対する服従と適合なのだ。政府の命令に従って「全員」が着用する。これが重要なのだ。それは、全員を「均一(uniform)」にする制服のようなものだ。一体感、順応性、服従性、そして何よりも「平等性」を植え付けるのだ。

ヘンリーよ、もう分かっただろう。ワクチンはこのプログラムにおいて心理学的な意味で極めて重要なのだ。きっちりコントロールしなければならないのは、衝動的で手に負えない人間の心だ。フランシス(ローマ法王)も同じように考えている。ワクチン全員接種計画は、遺伝子への作用を通じた行動制御への扉を開くだけではない。現在の作戦にとってもっと重要なのは、ワクチンによる心理的行動制御である。

ワクチンがウイルスに対して不必要で役に立たないかどうか、あるいは多くの人にとって有害であるかどうか。そんなことはどうでもいい。とにかくこのワクチンは、人間の行動をコントロールするためにこれまでに考案された方法のなかで、最も画一的で協調的な心理的武器なのだ。

制服を着るようにマスクを着用する服従は、しかし、ほんの皮膚表面だけの話である。それはあくまで外部であり、せいぜい美徳のシグナルに過ぎない。

我々は、新世界秩序のために、もっと深い、もっと永続的な服従を要求する。あなたのように自分でものを考える人間なら拒否する注射を、圧倒的多数の国民が、政府とメディアを盲目的に信頼して、その成分も知らずに、注射することを許すとき、それは間違いなく、我々が望む最も重要な勝利となる。

心理学は非常にシンプルだ。あなたのような人が長い間心理学を見過ごしてきたことに、私は驚いている。もし政府が「全員」にワクチン接種を受けさせることに成功したら、もはやワクチンに何が入っているかは重要ではない。

重要なのは、適合性、服従、そして「平等」の感覚である。これらが個人的で内面的な「平等」と信頼の感覚を生み出す。セックスや宗教儀式で見られるように、人間が体に入れることを許容するものは、心や信念と深く関わっている。しかし精神面において、人々はすでに我々に降伏した。我々のワクチンを喜んで受け入れた者もいれば、あなたがすでに目撃しているように、世界中の政府が行使する強制力によって受け入れた者もいるが、いずれにせよ、人々は我々の前に膝を屈した。

あなたは自由、個人の尊厳、所有権といったことをやたらと持ち上げているが、これらが征服されることがあなたにとって苦痛だったところで、我々は意に介さない。

我々は、古くて疲弊した文明を解体しようとしているのだ。あなたはそれをやたら守ろうと奮闘しているがね。我々としては、こうした手段が必要だと考えている。もし人々が他の「全員」と同じになるため、つまり「平等」になるために、自分や自分の子供たちの体にワクチンが侵入することを許すなら、自分の資産やライフスタイルも同じように平等化されることについて、人々は反対することはないだろう。

ヘンリーよ。いずれにせよ、自分にどの程度の影響力があるか、ちょっと考えてみるといい。問題解決のために人々を合理的に説得したり理性に訴えたりする。そういう古めかしいやり方で、あなたと同じような古い思考を持った反体制派と連れ立って、結局どの程度の影響力があったのか。ちっぽけなウイルス、簡単な詐欺、あちこちで行われるワクチン接種。結局あなたには何も止められず、すべて達成されるのだよ」

https://note.com/nakamuraclinic/n/n4a6a23277da0

**************

この「返信」が、本人ホンモノかどうかはともかく、

皇室の代理人として、世界中の「裏」の方々と接していた内藤氏情報によると、

All-or-Nothingな「コロナが起きた理由」は日本人にとって天変地異だった!

長年に渡る「経済戦争」の末、「ロス」敗北は確定済みとのことで、

かなりヤバイ内容の、内藤氏のYoutube動画が消さていないことから、

Youtubeでコロナ・ワクチンのことを言うと「バン」されちゃうというのは、もっと深い意図があるのかもしれず、

全体の動きとして、気づいた人から「わかっていく」ように、仕組まれているような気がしなくもありません。

いずれにせよ、人間の「心」パワーには、あらゆるものを凌駕するスゴい力があるのは確かで、そういう意味ではロス家当主さんの指摘は的を得てますネ。

さて、昨日12月30日の清里は、朝、起きてみたら、夜の「雪」が残ってましたが、
うっすらだったので、昼前には消えてしまい、

しかし午後には、再度、降り出しまして・・


今シーズンお初の、本格的な「雪」となり、

雪でも、小鳥達は元気にさえずり、

昨年の今頃はペットショップに居たピノちゃん、雪景色は初めてかな?

やはり清里は別世界のようで、夕方、韮崎の温泉に出かけたら、高原大橋を越えたあたりから全然降ってなく、

韮崎からの富士山は、頭にキャップをかぶってました。

温泉でスッキリして、2021年、大晦日を迎えたら、

さらに本格的な雪景色となり、ホワイト大晦日です。

さて、ウチは2010年から清里でセルフビルドを始め、2018年頃から「住める」状態となりましたが、

この11月までは旦那さんが東京で仕事していたので、週末とホリデーを過ごすだけでした。

ですので2019年に「洗濯機」を設置しても、あまり使用する機会がなく、

そして最初の頃は「マグちゃん」だけで、洗剤を使ってませんでした。

マグちゃんから液体洗剤「えみな」にチェンジしたのは、自動で乾燥させる時が多いからですが、

乙女座新月の願い方と「美しい空間を創造する」抗酸化シリーズ

ドラム式の洗濯機は初めて体験で、「えみな」を4ml入れる際、

なんか、入れにくい構造だなぁ・・とは思ってましたが、

つい4日前、大きな「間違い」をしていたことに気づき、愕然としました〜

今まで、洗剤を入れていた場所は「取っ手」部分でして、

大きな「間違い」が起きた理由は、「取っ手」が引っかかるギリの位置に洗濯機があったことと、

一度「取っ手」に入れちゃった洗剤が接着剤となり、ピッタリとくっ付いちゃったからで、まさか「奥」があり、「引き出せる」構造だとは、思いも寄らなかったのです〜

洗剤ケースの形状が、マニュアルの写真と違うことから「おかしい?」となり、旦那さんにヘルプして解決した次第ですが、旦那さんもスグにはわかりませんでした。

「取っ手」の中に投入された「えみな」が臨界点となり、「取っ手」の中で固まっていることから気づいた次第ですが、よーするに今まで、洗剤ナシで洗濯していたことになり、アララ・・ですが、別に問題ありませんでした。

というわけで、2021年年末、ちゃんと洗剤入れて「洗濯」することが出来ましたが、

電気製品が高機能になった分、思わぬ「罠」というか、思い込みには気をつけないと・・と、しみじみ思いました。

明らかなミステークでも、起きてしまったことをクヨクヨしてると、「心」パワーはダウンしますので、
「心」パワーを引き出すコツは、体験から「学ぶ」ことであり、

コロナ問題もそうですが、気づいた時が「仕切り直し」で、それは個々のタイミングですネ。

というわけで、2021年の大晦日は雪景色の中、ベンガル・ピノちゃんと一緒にゆっくり過ごせて、

「ドジ話」満載なブロクを読んでくれてる読者さん達にも大感謝で、「トラ年」の2022年もヨロシクで〜す!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で







COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 心理学を制する宇宙の真理。
    個人の自由、尊厳、所有権、たとえ肉体を拘束されたとしても、個人意識を超えた本質のわたしたちの自由、尊厳は失われることなく、影響下にないこと
    どれだけの人々が現実世界に右往左往することなく服従、支配、コントロールから離脱出来るかが鍵ですね

    今年も宜しくお願い致します♪

    • 姫虎さん、2022年初コメありがとうございます!

      ホント、一なる「霊」は完璧で、地球は「継続する肉体意識」=マインド、心、感情の学び舎ですネ。
      こちらこそ、今年もよろしくお願いしま〜す

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK