酵素カフェ

霊的なものから身を守る簡単な方法と諏訪大社・春宮の「浮島社」

日本人は一般に、特定の宗教を信心することのない「無宗教」の家庭が多いにもかかわらず、

お正月は神社に「初詣」するのが普通であり、子どもの頃は都内にいたので、家族4人で明治神宮に参拝してから、親戚の家に挨拶に行くのがならわしでした。

で、明治神宮には「神様が入ってない」とのことですが、長期的スパンで植栽計画された明治神宮は、ペルーラムさんもオススメの都内パワースポットで、

個人的には神社って、自然と構造物が調和した「イイ場」くらいに思っていたのですが、

2000年にペルーの先生と出会った最初の頃、かねてから感じていた、

不可解な事件や病気の背景には「霊的なものもあるのではないでしょうか?」という疑問を投げ掛けてみたら、

「そうだよ・・」というアンサーで、

「じゃあ、どうしたらいいですか〜〜」という質問には、

「お正月に皆さん神社に行くでしょ・・それでいいんだよ」とのお答えでした。

ええっ・・そんな簡単なことでいいんですか〜〜って感じでしたが、

へんな霊能者に「お伺い」に行くより効果大なようで、

神仏と会話している桜井識子さんによると、神社の神様には「元・人間」が神様修行をして神様になった場合と、そうでない場合があり、

地球外生命体と子どもの頃から交流している坂本廣志氏の情報では、天孫降臨の神様たちは時空を超える科学技術を有する「高等生命体1番」とのことですが、

坂本廣志氏の「ヤップ遺伝子のご先祖様」と桜井識子さんが鹿児島で会った「アマテラス」

いずれのタイプの神様も、「シンプルで素直、心のきれいな人間」がお好きなようです。

さて、昨日1月2日、サバサバした女の神「ヤサカトメノカミ」様がいらっしゃる諏訪大社・秋宮に行ったら、

「令和」初詣で知った諏訪大社・秋宮にいるサザエさんのような「八坂刀売神」

午後3時なのにすご〜く賑わってまして、参拝するのにズラ〜〜っと行列してるのにはビックリ!
「三が日」に来たのは初めてでしたが、

日本にはまだまだ「シンプルで素直、心のきれいな人間」が沢山いらっしゃるようで、ちょっと安心カモ・・・?

秋宮は「温泉」で手を清めるのがオツでして・・
ここの竜さん、イイお顔してますネ!

残念ながら、塩羊羹屋さんは「三が日」お休みでして・・

思えば、このブログを始めて間もなく、父親に「諏訪の塩羊羹を買って来い」と言われて、諏訪大社に行ったのが諏訪に行くようになったきっかけですが、

神社の神様・・宇宙人も思いのほか「美味しいものがお好き」なようです。

敏感な方は「お下がり」にはエネルギーが抜き取られていることが「わかる」ようですが、

坂本氏が交流した宇宙人は、地球から持ち込んだ食べ物は必ず「光・消毒」し、優秀な宇宙人はコピペして同じように作れますが、下手な宇宙人が作ると「食べれたものではない」とのことです。

そしていくら機械でコピペしても、やはり地球のオリジナル食べ物に優るものはないとのことで、ナルホド、「お供え」にはちゃんと意味があるのだと深〜く納得しましたが、

神社ならどこでもOKというわけでなく、これは秋宮の本殿前に植えられている白松ですが、

天皇家が関わっている「神宮」や「一の宮」は、とりあえず安全パイのようです。

で、そういった大手神社の敷地内には「摂社末社」があり、中には力のある「お社」があり、諏訪大社・春宮の「浮島社」もその一つです。

<浮島社>

摂社末社は神様が入ってなかったり、ただの出張所だったり、日中はいなかったりするところが多いのですが、ここのお社は神様がしっかりおられます。しかも力が強い神様です。

昔は川の氾濫を抑えていて信仰もされてたようですが、今は手入れがされてなくて寂しい感じになっています。

調べてみたところ、年に一度6月30日に「浮島社祭」という神事が行われるだけで、あとは放置されている状態のようです。

もったいない!と心の底から思いいます。

ここの神様は、人々の願いを叶えてあげよう、という優しい気持ちで待っておられるのですが、人間のほうが信仰心を持って手を合わせていません。

私は浮島社の周囲を長い時間ブラブラしていましたが、みんなこのお社を通り過ぎて万治の石仏見物に行きます。石仏を見た後、春宮に戻る時も浮島社はスルーです。

地元の人らしき人が手を合わせてましたが、ササっと2礼2拍手1礼だけして、お願いをするでもなく、語りかけるでもなく去って行きました。

神様は面倒見てあげよう、と準備をして待っているのに、人間のほうがこの神様のありがたみに気づかないという・・・なんとも言えない悲しい気持ちになりました。

あの場所に鎮座させられて、文句も言わず人々を守ってこられた神様です、おっとりとした優しさがあります。こういう神様にせっせと通ってお話しすれば、目をかけて下さって人生が好転していくのです。実にもったいないと思いました。

春宮に参拝するのであれば、お勧めはこの浮島社です。お酒などを持って行って差し上げると喜ばれるのではないかと思います。

昨日、秋宮に行く前に春宮に行ったら、

秋宮ほどではないですがやはり参拝は行列だったので、ストレートに「万治の石仏」「浮島社」方面に行きました。

春宮に参拝した方のほとんどは、
DSCF4905当然のように、「万治の石仏」にもお参りしてますが、

今まで、お正月に行くと、中洲にある「浮島社」のすぐそばで、

寒い中、石仏のように座って「瞑想」中の方が必ずいまして・・邪魔しちゃ悪いので行かなかったのですが、

瞑想する人も「三が日」はお休みなのか、昨日はいません!!

で、初めて寄ってみた「浮島社」は、
識子さんが言う通り、こじんまりして優しい雰囲気に満ちていて、

「大水に流されない」七不思議だそうです〜

清里を出る前から、なんとなく「浮島社」に行くような気がしてたので、

「お酒が好きな神様なら甘いものもお好きでしょう!」と、

山梨のスーパーで見つけた、「リアル酵素カフェ」で知ったお菓子「クッキア」と、

「異常震域」だった三重県南東沖M6.5と「シリウス系スターシードの特徴」


イタリア製のハート形のチョコレートを持って行ったので、お供えして、お参りして、

周辺をブラブラしてたら、後側の木には「日本ミツバチ」が来るとのことで、

なんかイイ空間で、川辺で瞑想したくなるのもわかります〜〜

そして「浮島社」だけでなく、

諏訪のモノには必ず4本柱がありますが、
これは結界であると同時に、そこから「出ない」「出さない」という意味もあるようです。

というわけで、2020年の諏訪参拝は、「浮島社」がお初になりましたが、

識子さんが言う通り、ほんと行かないと「もったいない」お社で、諏訪大社・春宮にいらした折にはオススメですよ〜

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で







COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 大房なおみ

    はじめまして。
    いつも興味のある情報やおはなしをたのしく拝見さていただいてます。
    近場で有名?な神社といえば、田無神社くらいだとおもいますが、
    やはり、参拝はいいということなので行ってみようと思います。
    イルカさんの記事のなかで、ペルーの先生のおはなしを見て
    わたしもこんな先生とご縁があったらな~と
    いろいろと読ませていただいて、先生の息子さんでいらっしゃる方に
    もしかしたら、見ていただくことができるのかしら、
    でもそのようなお知らせのようなものはなかったようなのですが
    もし可能でしたら、お願いすることができますか。
    すみませんが、よろしくお願いします。

    • なおみさん、コメントありがとうございます。

      読んでてくれる人がいるって・・ウレシいです!

      ペルーの先生の息子さん、ペルーラムさんへのお問い合わせは下記にメールすれば、

      jharada80@hotmail.com

      親切に対応してくれますよ!(お忙しいので時間はかかるかも・・)

  2. はじめまして。
    いつも楽しく酵素カフェを読ませていただいてます♬たくさんゆるませてもらっていて、本当にありがとうございます。^^
    昨年はリアル酵素カフェに参加したいと思いながらも行けなかったので、今年こそは‥!と鼻息荒く思ってます。
    そのあたりのご予定はいかがでしょうか?ぜひ教えてください☆
    よろしくお願いします!

    • おみぃさん、初コメありがとうございます。

      自分も書いた方がゆるむんですよ〜〜なぜか。

      今年の「リアル酵素カフェ」はラムさんとのコラボセッション編が中心になると思いますが、2月頃かな・・是非ご参加ください!

  3. イルカ様

    お返事ありがとうございます。

    ラムさんのお話もブログで楽しく読ませていただいてますので、イベントでお二人にお会いできると思うととても嬉しいです。^^
    おかげで2月が待ち遠しくなりました。
    ずっと行きたいと思っていたので‥本当に嬉しいです。
    詳細を逃さないためにも(笑)今後ともブログを楽しみにしています。

    お身体ご自愛ください。(^^)

LEAVE A REPLY TO おみぃ CANCEL REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK