酵素カフェ

野口整体よりスゴイ無痛整体と「盆の窪」延髄の重要性

野口整体よりスゴイ無痛整体と「盆の窪」延髄の重要性

ヨガや整体、気功、アロマセラピーなど色々な健康法がありますが、

自分が2000年から7年間通っていた「不思議なヨガ教室」は、

美容&カルチャー系のヨガとは全く別モノで、

個々のポーズを決めることに囚われるのではなく、
14bb93612d8c530a6bacbf6eb349f9da

チャクラを整え、プラーナを存分に取り入れられる身体になるためには、
8d53e056d8663eb4ca42cf41ff9540f9
ヨガの技法ではなく、愛ある空間に身を置くことが大切だと学びました。

そのヨガ教室で一緒だった「おばさま」方は、

精神世界のベテラン、強者ぞろいで、日本においての「強者」たちは、

2000年に茅野市中ツ原遺跡から発掘された「仮面の女神」のように、
img_0

ごく普通の主婦や勤め人の仮面を被ってる場合が多いことも知りました。
t_jyoumonn2

「不思議なヨガ教室」の先生は、体型ともども縄文ビーナスのようであり、
Š‹¤“y‹ô‚ª‘å‰p”Ž•¨ŠÙ‚֍‘•óu“ꕶ‚̃r[ƒiƒX

マタニティーヨガとか不妊治療のヨガもしており、若いお母様方から絶大な支持を受けてて、親の自我のついてない2歳頃までは、赤ちゃんとの交信が可能なそうです。

この先生のヨガは、野口整体を基本に取り入れてて、
ダウンロード (4)

この本のレビューと同じく、

整体=自分の力で病気を治す

整体をあまり信用していませんでしたが、

この本を手に取ってから、整体に対する考え方が変わりました。

基本は東洋思想。

自分の身体を自分の力で治すというものです。

病院で治してもらうのが当たり前と思っている思想よりの方には、

ぜひ手にとってみてもらいたい一冊です。

後半部分には体質を改善するための

具体的な体操方法やアドバイスも載せられています。

半信半疑ではじめた「不思議なヨガ教室」の3回目、

「今日は、友達が来る予定なの・・」と、ヨガ先生が妙にソワソワして、
4ea59b4122cad33699db01dc24f6e5a7

その友人である「ペルーの先生」が訪れた際の熱烈歓迎ぶり、
8cfb20c4db3a056f8846b3fe8afcb606「おばさま」達のテンションの高まり様から、

てっきり旧知の仲かと思いきや、実は1年前に知合ったばかりだったそうです。

で、その日のヨガ教室は、急きょ、ペルーの先生の「クイック整体教室」になり、

その時「ペルーの先生」が皆に教えてくれたのは、

首の付け根にある「盆の窪」が整体上一番重要だということでした。

これは、先週、ペルーラム君にウチの母親を整体してもらった時の様子ですが、
DSC_5193この首の付け根部分、

Medulla_oblongata_small (1)

「盆の窪」には「延髄」という、人体にとって極めて重要な部位があります。

延髄

脳の一部で、体表から見ると、延髄は後頭部と首の境目あたり、すなわち俗に盆の窪(ぼんのくぼ)と呼ばれる位置にある。、嘔吐、嚥下、唾液、呼吸および循環、消化の中枢を含み、生命維持に不可欠な機能を担っている。

この位置は、頭を挙げた普通の姿勢では頭蓋骨と頸椎に覆われているが、頭を落としてうつむくと、体表までの間に骨で覆われない部分ができる。その部分では延髄を守るものが軟部組織だけなので、外傷が延髄の損傷に結びつきやすい。

wikipedia

大切な延髄を守るデリケートな部分が「盆の窪」ですが、盆はもともと「坊」で、「坊主頭にするとよくわかる窪み」が由来とされてます。

「ペルーの先生」の次男、リマで育だったペルーラム君は立教大学現代心理学部在学中からスッパリ坊主頭にし、
DSC_5206シャンプーいらずの「究極のエコですよ!」とか言ってましたが、

山梨県で一番温かい南部町で無農薬なお米や野菜を作りながら、
CU8-dMsVAAALq55 (1)この秋もビッグなキャベツが収穫出来たそうです!

DSC_9340お坊さん的治療士になる流れを、既に読んでいたのでしょうか?

延髄の重要さは、人類のアカシックレコードが読めるゲリー・ボーネルさんも述べてます。
2009122101_s

延髄にはたくさんの神経中枢があり、呼吸や心臓の拍動、体温調節などの不随意運動をコントロールしています。

ほんの幅2センチ半くらいの器官で、中枢神経全体の1%位ですが、これほど小さいにもかかわらず、脊髄と脳の間のインパレスを伝達する非常に大切な役割を果たしています。延髄を通っている多くの神経の束は交差しているために、右脳の刺激は身体の左半身を司り、左脳は右半身を司っています。

コチラの書からの抜粋ですが、

ゲリー・ボーネルさんによると、「延髄」とは「神の口」だそうです。

形而上学的には延髄は「神の口」と言われています。古代のテキストでは延髄から生命エネルギーが入ってくると書かれています。

私たちはよく無意識的に、この頭蓋骨の基底部にあるエーテル体の開口部を手でこすり、刺激します。この動作は何かに抵抗するときに行う場合が多いようです。

掌(手のひら)の中央部から出る生命エネルギーは、わずかですが気の流れを促進します。また退屈しているとき、非常に疲れているときには、私たちの肉体とエーテル体はこの開口部をあくびによって開こうとします。あくびをすると延髄と肺に流れ込むプラーナ、または気が増加するのです。

確かに、ペルーの先生は、時々、首の後ろのに手を当ててましたが、そういった時は、ちょっと照れたような、困ったような仕草だったかもしれません。

で、ペルーの先生いわく、

一瞬で「盆の窪」を整体に出来るそうで、

ズレてる部分を確認したら、

DSC_5194ソコが整体なるように、手をかざすだけでOKです。

全然痛くない、無痛整体の仕組みは、ゲリー・ボーネルさんの言うところの「三位一体」にあるようで、

①純粋な意識
②純粋なエネルギー
③純粋な衝動(意図)

の三つが揃えば、骨を動かすことが可能で、

そして、出来ると信じれば「誰でも出来る」とのことで、「火事場の馬鹿力」のメカニズムも同じだと思われます。

ペルー式整体が誰にとっても素晴らしい体験であるのは、

身体を温熱療法で温め、この上なく丁寧に扱ってくれまして・・
DSC_5184

整体になるだけでなく、心底リラックスできる「心地のよい場」だからです。

もうすぐ80歳になる母親は、精神世界には全く縁のナイ凡人ですが、1回目の治療で「ペルー式治療」の効果を実感し、すっかり気に入りました。

で、腰痛の原因である「腰のねじれ」を完全に嬌声するためには、簡単な体操を毎日実行するとともに、

長年の「心癖」のケアも大切ですので、バッチフラワーをラム君にキネシオロジーで撰んでもらったら、
DSC_5202うーん、やはりオリーブがヒットしてます・・

オリーブは、心身ともども肉体的にヘトヘトな疲労状態に使いますが、

このように、赤く反応するのは疲れているからで、ヒドイと黒くなります・・
DSC_5183

母も家庭菜園をしてますが、「がんばり過ぎないで下さいね」と言われてました。

オリーブの即効性は、ヨガの先生も「こういう効き方は、初めて体験したわ!」と言ってましたが、ついついがんばり過ぎちゃうのは、人それぞれな固有な理由があります。

こういった精神論、バッチフラワーには半信半疑な母も、「生命エネルギー」の入り口である延髄=「神の口」をケアし、
DSC_5197からだを整体にすることが、
ボケずに健康、長生きのコツであることは納得なようです!


URL :
TRACKBACK URL :

コメント & トラックバック

  • コメント ( 5 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 横田 祐子

    こんにちは
    はじめまして。横田と申します。
    一度、ペルーの先生にお会いしたいのですが、可能でしょうか?

    • こんにちは横田さん、

      ごめんなさい。この過去記事のコメント、今、気づきました!

      お問い合わせの件ですが、ペルーの先生は2012年に逝去されてまして、今は息子のラムさんが治療の技を引き継いでいますが、それでも良ければ聞いてみますよ。

      ラムさんは天然のサイキックですが、あまりそういった面を出さず、普通に整体治療・キネシオロジーをしてくれる信頼出来る人です。

      • 横田 祐子

        おはようございます

        あきらめてました。嬉しいです。コメントではなくお問い合わせから伺えばよかったです。
        申し訳ありませんでした。是非、施術をお願いしたいです。お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。

        • 了解しました。ペルーラムさんに横田さんのメールアドレスを伝えて、直接連絡してもらうようにします。今、チョットお忙しいようなので、少し時間がかかるかも知れませんがお待ち下さい。

          • 横田 祐子

            おはようございます

            有難うございました。お手数をおかけ致しました。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top