酵素カフェ

「病は気から」の仕組みと「お父さん眠れてる?」キャンペーンの驚きの相関関係

「病は気から」の仕組みと「お父さん眠れてる?」キャンペーンの驚きの相関関係

「病は気から」の仕組みが解明されつつあるとのことで、例えストレスがあっても、神経回路が「正常」で、

「気」がしっかりしてれば、問題は起きナイことが、実験で確かめられました。

<「病は気から」の仕組み、マウスで解明 北海道大>

2017年8月15日

 チームは、睡眠不足など慢性的なストレスをマウスに与えた。そのマウスのうち、自分の神経細胞を攻撃してしまう免疫細胞を血管に入れたマウスの約7割が、1週間ほどで突然死した。一方、ストレスを与えただけのマウスや、免疫細胞を入れただけのマウスは死ななかった。

 突然死したマウスを調べたところ、脳にある特定の血管部分にわずかな炎症があることを発見。炎症はこの免疫細胞によって引き起こされ、通常はない神経回路ができて胃腸や心臓に不調をもたらしていたことがわかった。

 村上教授は「同じストレスを受けても、この免疫細胞の量や脳内の炎症の有無によって、病気になるかどうかが分かれると考えられる」と話している。

無類のケモノ好きなので、
3ec8ce9880f93770a68d964e0024d8ce

「自分の神経細胞を攻撃してしまう免疫細胞」というものを、

人工的に与える実験って、ちょっとNGなんですが、

実は人間様の方も知らず知らずに、同じような人体実験をしてると、

医師である松久正氏は述べています。

カゼの症状を何度も薬でごまかしてきたかたは、しだいに正しい体の反応が起こらなくなります。

誤った体のスイッチが、オンになってしまうこともあります。そうなると、常に体内にウィルスが存在するかのような誤認が起こり、体はそれを撃退、排出しようとする態勢を作ります。それが、いつも体がだるい、いつも微熱がある、といった不定愁訴を生み出すことにつながるのです。・・

熱や頭痛、倦怠感といった「目に見える症状」を改善する対症療法だけを行っていると、私たちが本来もっている自然治癒力をすりへらしてしまうのです。

つまり、慢性ストレス状態における薬の常用は、

「通常はない神経回路ができて胃腸や心臓に不調」

をもたらすと考えられますが、何かと「薬」をバンバン出す傾向にある現代医学に疑問を感じた松久正氏は、

「カイロをやったら破門」と大學病院の教授に言われても、米国にガンステッド・カイロプラクティックを學びに行きましたが、

パワースポットとして名高い「セドナ」で、ある日の朝、
hero-sedona-main-1000x517

「脳の中心である松果体のところを、まるで銃弾ででも撃ち抜かれたような衝撃」

でベッドから30㎝くらい吹っ飛んでしまったという体験をし、

この体験以降、ご本人いわく、

「出会うかたも、起こる事象も、全く別物になったのです」

とのことで、

そんな松久氏は、「神経の流れの乱れ」が病氣の大元だと主張してますが、

こういった所見は、医師でない治療者にとっては、ごく普通のことであり、

医療従事者がたくさん治療に来る治療院を40年以上営んでいる宮野博隆氏は、

心身の不調における「共通した最大の原因」は、

「神経への持続的圧迫ストレス」であり、

原因不明なことを、何でも「精神的ストレス」のせいにする現代医療の風潮に「喝」を入れています。

神経症にもかかりやすくなります。神経症は、先天的な要因、また器官の形状変化という要因に、自律神経の機能低下が加わることで起こるのです。
そこに精神的ストレスの影響しているでしょうが、身体が悪くなる原因を精神的ストレスだけのせいにしてはならないと思います。

先の「病は気から」実験でも、

「ストレス」だけ、あるいは、「自分の神経細胞を攻撃してしまう免疫細胞」だけを与えられたマウスは無事であり、

「ストレス」単独で病氣になるわけではなく、「+α」がアルと、病氣が発症する仕組みで、

その「+α」には、松久氏によると「汚染された大気や水」「重金属や化学調味料など」の化学的要因、

そして「感情の問題」も含まれますが、

ナント言っても「薬物」は化学物質の極みであり、「自然治癒力をすりへらしてしまう」王様です。

しかしながら近年、何かと安易に「薬物」を出す風潮が、日本にはあふれています。

「お父さん眠れてる?」
一度は耳にしたことがある台詞でしょう。
眠れないお父さんはクリニックへと誘導しているのですね。
そこでなにが待ち受けているか?というと、「うつ病」「不眠症」などの病名と、依存性薬物であり法的にも麻薬同等の扱いである向精神薬の処方です。

この睡眠キャンペーンは2007年に富士市が先駆けて取り組みました。
その結果どうなったか?

自死(自殺)が増えました。

眠れないお父さん…クリニックへ行くと…永眠し。

抗うつ薬や睡眠導入剤の副作用には「自殺」「不眠」などと書かれていますが、それらの情報は処方時に患者に知らされることはありません。
もちろん麻薬同等の薬物であることも。

せいぜい「気持ちを穏やかにするお薬です」程度の注意書までです。

精神医療領域の疾患?が流行る前には、このようにメディアを駆使したキャンペーンが張られます。
現在は「発達障害」をゴリゴリ推してきていますね。

マーケティングに乗らないようにしましょうね。

※眠れない人はどうするんだ!!
→鍼灸や整体 アロマセラピーなどを利用させてもらってはいかがでしょうか?

facebook

フェイスブックで、「精神医療・向精神薬薬害体験者の立場から精神医療問題を発信しています」という方の記事ですが、

何でもこんな広告を出したら、
20841911_1424139777693242_478313644539068658_n

「自殺者」がクッキリ急増したとは、驚きの相関関係であり、
20882023_1424139801026573_2041933667253965756_n

今という時代は、戦争より「医療プロパガンダ」に要注意で、

私たちの税金が、「人の心を弱める」ことに使われていることを、キチンと認識した方が良さそうです。

精神医療問題は、実はとてもシンプルな話しなのです。

何故 精神科が無くならないのか?
「それだけ必要としている人がいるから……かな。」
と、考えてしまいがちです。
ですが、そのカラクリを見てみると答えが見えてきます。

「マーケティングが上手く 精神科に繋ぐ仕組みが法的に整えられていて、かつ 依存性のある薬物を使うため 逃れられなくなっているから。」です。

これは、皆保健制度を利用した悪質な搾取行為である。と思っています。

精神科で行う「治療」は、監禁・拘束・麻薬漬け・電気ショックという破壊的な傷害行為です。

心が疲れたり、心が傷んだ方に必要なのは
休養や栄養、リラックスできること、癒しなどではないでしょうか?

もしも、このような回復へ向かうサービスが提供されるのであれば、文句はないのです。

ただ、現状を見渡すと、そうではない。

心が疲れたり、心が傷んだり……そのような人は、薬物盛って麻痺させて生かさず殺さずで飼い慣らせ!
としているのです。

この原資は私たちの納めた保健料や税金です。

もしあなたが、「心が病んだヤツは回復させずに薬物使ってラリらせとけ」と思うのであれば、精神医療を推進してください。

そうではないのなら、NO!と意思表示をしましていきましょうね。

facebook

さすがに、経験者の話は説得力がありますが、

何でも、日本や韓国などのアジア圏は「精神医療」のターゲットにされているとのことで、

「心を侵略」されてしまうのは、領土問題以上に悲劇ですので、

少なくとも、「眠れない」位で薬物を使うことは、考え直した方がいいかもしれません。

自分も「眠れない辛さ」は十分に知ってる不眠経験者ですが、

人間、一晩や二晩、眠らなくても全然大丈夫ですし、

眠れない時は自分と向き合うチャンスだと捉え、

今「感じている」ことを、存分に感じ尽くすと、不思議な安らぎが訪れたりします。

反対に、睡眠導入剤などの「薬物」を使いはじめると、メンタル強い人でもなかなか「切る」のが困難になってしまうようで残念なことです。

ですので、眠れない慢性ストレス状態に「+α」を人工的に与えると、

「通常はない神経回路ができて」しまい、

「胃腸や心臓に不調をもたらし」

最悪、「突然死」もあり得るという、「病は気から」の実験結果をよく理解して、

なるべく自然な睡眠を取るようにしたいものですが、

まずは安易に薬に「手を出さない」のが懸命です。

ちなみに宮野博隆氏の「極性タッチ」と「手上げ方」の組み合わせは効果抜群で、

「睡眠導入」として、一押しオススメ体操ですが、

それにしても、無理やり眠れないストレス状態にされ、
27429b29b40c9221f2252dac06048023変な薬を与えられたマウスちゃんは本当にお気の毒で、心から合掌を捧げます!


URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top