酵素カフェ

6月9日のストロベリームーンのキーワード「許す」と進化した若者たちの「フトマニの悟り」

6月9日のストロベリームーンのキーワード「許す」と進化した若者たちの「フトマニの悟り」

6月9日の射手座の満月は、ストロベリームーンと呼ばる「最も小さい」ピンクの満月であり、ちまたでは、

ストロベリームーンは「恋愛に効く!」とか言われてますが、

恋愛とは、この二元性の世界において、

「一つ」であることをかいま見る体験であり、夢中になる人が多いですが、

そもそも恋愛というのは全く違った価値観を持つ2人が、
お互いを認め融合しながら一緒に生きていくことです。

これまで自分一人では知ることのできなかった世界を
相手を通し広げていくことができます。

また「自分という個人」の枠組みのような制限が、
壊れていくことでもあります。

つまり自分の限界や制限がどんどんと壊れ、
どんどん自由になっていくということ。

自分と相手、自分と世界の境界線がなくなり、
自我が手放され、どんどん可能性が広がっていくような感覚です。

http://ameblo.jp/kolob/entry-12282001809.html

個人的にも臨床的にも数々の事例を見ていると、

パートナーシップが長〜く上手くいくことは仕事で成功するより難関であり、

パートナーシップは「自分の嫌な部分」を受け入れる「鏡」でもあります。

仕事でうまくいっていたり、
何らかの社会的な側面で充実しているものがある人ほど、
精神的なものの現在地が隠れやすくなってしまいます。

社会に面する部分だけがより大きく拡大し、
精神の部分が置き去りになる場合があります。

しかし、恋愛やパートナーシップに関しては、
相手というもう一人の自分を直視するため、
隠れた自分の現在地が最短で見つけやすくなっていきます。

もちろんシングルの人にとっても、
過去の恋愛パワーンや今現在パートナーと
出会いにくいという状況分析を通して、最短で自分の現在地を見つけることができます。

http://ameblo.jp/kolob/entry-12281845652.html

一人でいれば「自分は何て寛容で愛に満ちた存在なんだろう!」と思えても、

相手がいることによって「気に入らない」ことも起き、つい感情的になり、相手を「許せない」という気持ちになったりしますが、
9c85f53e9280932af7cf8a235bbd552d

占星術的には、今回のストロベリームーン満月は「許す」がキーワードです。

明日の満月のすぐ後には、
4ヶ月ほど逆行していた木星が順行戻ります。

木星といえば豊かさや繁栄の象徴として知られ、
逆行中は「これまでの豊かさのあり方を振り返る」ような、
時期だったのではないかと思います。

木星は拡大するパワーのラッキースターであり、
射手座を守護性に持ちます。

今回の満月と木星順行のタイミングは、
あらゆる拡大や高みへ向かっていくための
宇宙からのGOサインのようにも感じられます。

どこまでも高く、どこまでも自由に未来を描いていくとで、
その実現スピードが満月以降加速していくのを感じます。

木星の特徴として豊かさというキーワードはよく知られていますすが、
もう一つ大事なキーワードがあります。

それが「許す」ということ。

http://ameblo.jp/kolob/entry-12281845652.html

「鏡」ですから、相手を「許す」ということは、自分を「許す」ことになり、どんどん自由になっていくチャンスの時期です!

ところで気功的には「気」は高いところから低い方へ流れるとされてますが、
1227f9e6b967bbeaa0d43b801e7d8955

<気功の基本>

気は高いところから低い方へ流れる

気は水のように、高いところから
低い所へ流れます。

これは、位置的なことではなく、
質的に高い低い
量的に高い低い 多い少ない
ということです。

質的に高いとは,高次元・波動
が高いといえます。

エネルギーは波動ですので。
荒い波動から細やかな波動まで
最も細やかな波動は
神仏の波動と共鳴するようです。

人が1m以上近づくとエネルギー量
が多い方から少ない方へ自動的に
エネルギーが流れていきます

そう、満員電車に乗ると勝手に
エネルギーのやり取りが始まります

病気の人の傍にいると、自分の元気
を分けることになります。
お見舞いは力になるのです。

http://sumaho-kikou.com/?p=162

当然ながら、この原則はパートーナー間でも起こることであり、

従って、夫婦やパートナー同志は、一見、どんなに違って見えても、同じ程度のエネルギーでないと関係は「続かない」ものです。

つまりエネルギー的には皆「似た者夫婦」であり、

「楽しいと時とバトルの時」で色々な感情が起きても、「陰と陽」が織りなす「円』は回転し続け、

Yin_yang.svg

その結果、「1+1=2」以上のエネルギーを生じるものであり、
5aee94798c5b25873a7cc7ed6d85c815

それ故、神道的には「夫婦和合は神の道」と言われてますが、

古代文字カタカムナ文明では、その仕組みを「フトマニの悟り」と呼んでいます。

しかしながら最近では、パートナーなしでも「フトマニの悟り」を得る若者たちも増えているようで、

進化した若者たちにとっては、世界中が「鏡」なのかもしれませんね!


URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top