酵素カフェ

星野 仙一氏に学ぶ「スピリット」の役割と「魂にとって最も素晴らしい人生」

星野 仙一氏に学ぶ「スピリット」の役割と「魂にとって最も素晴らしい人生」

野球やサッカーなどの人気スポーツは、「スリーS」とも呼ばれ、

国民の関心を、政治から逸らすための「戦略」とされてますが、

3S政策は、大衆の関心を政治に向けさせないようにする愚民政策の1つ。スクリーン、スポーツ、セックスの3つを指す。第二次世界大戦後GHQが日本で実施したとされる。

wikipedia

イエス・キリストの当初の意図が、権威主義で大幅に歪められてしまったのと同様、
136078266691613217540_2

結果として「スリーS」が、大衆の意識レベルを「底上げ」しちゃう場合も多々あり、

特にスポーツは、(基本的には)噓のないフェアな世界ですので、政治より人気がアルのも道理です。

例えば、あの3.11の直前に、東方に拠点を置く楽天の監督に就任し、
ƒvƒ–ì‹…“ú–{ˆê‚ðŒˆ‚ßAŠy“V‚Ì‘IŽè‚½‚¿‚©‚ç“·ã‚°‚³‚ê‚鐯–ìŠÄ“2013”N11ŒŽ3“úA“ú‹gŒ’ŒáŽB‰e

2013年、監督として3度目のリーグ優勝を果たし、東北に「光明」をもたらした星野仙一氏が、

星野 仙一(1947年1月22日 – 2018年1月4日)

異なる3球団をリーグ優勝させた監督は三原脩、西本幸雄に続き史上3人目。セ・パ両リーグ優勝に導いた監督は三原脩、水原茂、広岡達郎、野村克也、王貞治に続き史上6人目、2013年の巨人との日本シリーズでは4勝3敗で日本シリーズ制覇を達成し、楽天初と同時に自身初の日本一になった。66歳でのリーグ優勝と日本一は、2000年の長嶋茂雄を超えるプロ野球最年長優勝記録である。

wikipedia

震災直後の日本にもたらした功績は、見えないレベルでも大きかったと考えられ、
8db974b9d702f824a0921d6627aad4b0

膵臓は、霊的な影響を受けやすい臓器だとよく言われてますが、

楽天時代から「腰痛」を訴え、2016年に膵臓ガンであることが判明し、2018年1月4日に死去した星野仙一氏は、

今生での使命を見事に終え、新しい冒険に旅立ったのだと思われ、死してなお、日本に影響を与え続けると思われます。

<死の体験>

肉体に宿った魂には必ず、また肉体を離れる時が訪れます。魂は、眠っている間に静かに肉体を後にすることもあれば、交通事故などによって暴力的な最期を迎えることもあり、魂が肉体を離れる方法は実に多様です。また、あなた方の死が他の人の魂の進化を促すように計画されていることもあります。そのような場合、実際にあなた方が死を迎えると、死にゆく人の魂も、残される人の魂も、大きく成長します。

魂は進化する実体(エンティティ)です。それゆえ、可能な限り多くの経験をできる人生こそが、魂にとって最も素晴らしい人生なのです。

さて、突然ですがここで、あなた方が交通事故に遇って死んでしまうと仮定しましょう。そのとき、あなた方にはどのようなことが起こるのでしょうか?

一般に、事故死には非常に激しい肉体的苦痛が伴います。しかし、魂にとって、そのような苦痛はまったく必要ありません。そのため、肉体が事故の衝撃を受ける直前に、魂は肉体を抜け出します。そして、肉体のすぐ上を漂いながら事故の様子を見届けます。やがて、穏やかな平和があなた方のエネルギー全体に満ちてきます。そして、あなた方は地球に残していく人々、つまり生前交際があった人々のことを考え、彼らの身を案じます。その人たちは地球に残って、まだ何かを学び続けるでしょう。

生前、あなた方の人間関係がどのようなものであったにせよ、死の瞬間に彼らを想うあなた方の気持ちは、安らかで美しいものです。そこにはもう、怒りや憎しみといった否定的な感情は存在しません。死んで次元上昇しつつある魂には、あらゆる物事の真実が分るからです。このとき、魂は、三次元世界で起こる出来事はすべて前もって計画されたものであり、そこにあるものは皆、完璧であることを悟るのです。

こんなことを言うと皆さんは驚かれるかもしれませんが、死んでいく魂たちは、残された人々との別れを少しも悲しみません。また、後悔することもありません。なぜなら、彼らは、肉体は三次元世界で生活をするための衣服にすぎないということをよく理解しているからです。実際、三次元を離れる魂にとって、肉体はまったく無用です。

魂は死後数日間、地上にとどまります。後に残された人々を慰めるためです。ですから、身近な人が亡くなったときには、心の耳を澄ましてよく聞いてみてください。もし、何か声が聞こえるような気がしたら、成功です!それは、空耳でも、気のせいでもなく、本当に、彼らがあなた方に話かけているのです。彼らはこの本を読むこともできますし、今、そこにいるあなた方の姿を見ることもできます。そして、彼らはただひたすら、心を通じてあなた方と対話することだけを望んでいるのです。実に素晴らしいことだと思いませんか?

さて、たとえ三次元世界を旅している最中であっても、あなた方の本質は常に「魂」です。実を言うと、三次元の肉体はあなた方の物ではないのです。その肉体はあなた方がこの世界を旅するために一時的に借りた乗り物にすぎません。あなた方は、「ほんの少し人生というものを経験してみよう」と思い、肉体という乗り物に乗って三次元にやってきます。しかし、長い間この世界で生きているうちに、あなた方は徐々に人生に執着し始め、やがて人生を手放すのが惜しくなってしまいます。そして、死を恐れるようになるのです。

ですが、死は決して恐ろしいものではありません。死はまた新たな「誕生」だからです。死によって、あなた方は再び「大いなるすべて」である創造主のもとに帰ることができるのです。

2018年、初買いした本、「キラエル」からの抜粋ですが、

「ラー文書」や「真実と主観性」、

そして、「アルクトゥルス人より地球人へ」など、

ナチュラルスピリット社の「在庫切れ」本には秀逸なものが多い印象で、

「キラエル」って初耳ですが、7次元存在とのことで、「魂」と「霊」の違いについて、「キラエル」さんはこう説明します。 

この宇宙に存在するものはすべてエネルギーでできています。特に、生命の火花、すなわち「魂」は一種のエネルギー・フィールド(エネルギーが集積している場所)であり、その周波数は物質的肉体の細胞の周波数より幾分高くなっています。

そして、「霊」は魂と肉体を結び付ける「接着剤」です。しかし、一般的にいうと、魂と霊の間に大きな違いはなく、多くの場合、それらの区別は単なる言葉の遊びにすぎません。あえて厳密に区別するならば、魂とは肉体の中にあるセルフの一部であり、霊とは肉体の外にあるセルフの一部であるということができるでしょう。

ナルホド、「魂」はソウル、「霊」はスピリットと呼ばれたりしますが、

「スポーツマン・スピリット」とは言うけど、「スポーツマン・ソウル」とは言わないのは、

「霊=スピリット」こそ、魂と肉体を結び付ける「接着剤」であり、スポーツ選手には不可欠なものなんですネ。

そして「スポーツマン・スピリット」で、魂と肉体をピッタリ合体させた星野氏は、
migモルヒネを拒否し、最後まで魂に磨きをかけたようで、

これは2018年1月8日、富士山の近くに出現したレンズ雲ですが、
fuji-bird-0108

そんな強力な「接着剤」の持ち主だったからこそ、プレイヤーとしてだけでなく、「他者を育てる」監督として、そして家庭人として、

「可能な限り多くの経験をできる人生」を送り、大満足で旅立ったのでしょうネ!


URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top