酵素カフェ

大原三千院で知ったレナード・ジェイコブソン氏の「人類を解放させる大きな手引き」と「罪」の定義

大原三千院で知ったレナード・ジェイコブソン氏の「人類を解放させる大きな手引き」と「罪」の定義

京都の大原三千院は天台宗の三門跡寺院の1つで、貴人や仏教修行者の隠棲の地だった場所ですが、

人類の目覚めに貢献するレナード・ジェイコブソン氏は2014年9月、三千院の第62世門主、堀澤祖門大僧正の座禅会の一環として、三千院に招かれ特別クラスを開催した際、

まるで「地上の天国」のような所で、ここでは実在(プレゼンス)を容易に体験出来ると言ってます。

三千院は2017年2月、鞍馬に行った際に立寄りましたが、

とても風情ある佇まいの里で、
KIMG0048
確かに三千院は、
KIMG0049
静かに座禅を組むのにピッタリな場所で、
KIMG0051
雪化粧が静けさを、
KIMG0052
一段と引き立ててましたが、
KIMG0054
この日たまたま三千院では、
KIMG0058
大根をふるまう「接待」をしてまして、
KIMG0061
これがめちゃくちゃ美味しいふろふき大根で、
KIMG0063
恥ずかしがらずに「おかわり」しておけばよかったと、
KIMG0062
今でも時々思い出すほどのイイお味で、

ウチは修行より「食い気」って感じですが、大原は「しそ」とか、
KIMG0067
食べ物が美味しいところのようで、
KIMG0074
三千院の他にも寂光院とか実光院とか、
KIMG0071
KIMG0072
天台宗の寺院が集まってる素敵なところでした。
KIMG0073

そういえば帰りに三千院前の団子屋さんに入ったら、
KIMG0047
これまたメチャ美味しいみたらし団子で、
KIMG0076
しかも量がたっぷりで、

対面にいた赤ちゃん連れの若夫婦とそのご両親は5人でシュアしてましたが、よっぽど美味しかったのか、

赤ちゃんが「もっと食べたい!」と泣いちゃって、
KIMG0075
しかし、もう全部食べ終わってまして・・・

その泣き方があまりにもわかりやすかったので、思わず(ヘンな顔して)あやしちゃったらスグ泣き止んでくれました。

一瞬一瞬に生きている赤ちゃんは自分の欲求に正直ですが、欲求をスルーすることも一瞬で起こり、

自分自身を含め、決して誰も「批判」しませんが、大人になると誰もが多かれ少なかれ、無意識的に批判をしています。

<批判>

実在(プレゼンス)はまさにその本質によって「受け入れる」「許容する」「包み込み」です。あなたが批判することに没頭しているならば、この瞬間に存在することはできません。それは実在(プレゼンス)には批判が存在しないという、ごくシンプルな理由からです。

批判のエネルギーは、あなたを直ちに実在から連れ去り、分離の中へと連れていきます。そして、あなたが批判をし続ける限り、あなたは分離の世界に留まります。

目覚めの最も重要な鍵の一つが、批判を超えることです。しかし、どのようにして、あなたは批判から、自分自身を解放させることができるのでしょうか。

批判を拒絶するか、追い払うと、批判はあなたの内面ですくすくと育ちます。批判があなたの内面から涌き起こったらその都度、批判を持っているのは自分であることを自覚して、そのことを深く受けとめて曝け出し、打ち明けなくてはならないでしょう。そして、あなたはこのことをまったく批判しないで行うのです。

批判があなたの内面から涌き起こったらその都度、ただその批判を認めましょう。批判を嫌がらず、批判を批判しないことです。この瞬間に存在する誰かか、神に打ち明けましょう。神はあなたの内側の、静寂のまさに中心に存在します。

「神様、見ていましたか。批判が涌き起こってきました。このことを神様に打ち明けます。神様は絶対に批判することはありませんので、神様がこのためにわたしを批判することはないと、わたしは知っています」

批判のエネルギーを自分が持っているものだと自覚して、深く受けとめることが重要です。そして、そのことを打ち明けるのです。しかし、そのことを信じてはなりません。

誇張することが助けになります。極端にばかばかしいほど批判的になって、一週間過ごしてみましょう。花を批判しながら歩きましょう。花に「その黄色が気に入らない」と言うのです。木に「背が全然高くないね」と言うのです。青空に「色がまったく青くないね」と言うのです。大げさに演じましょう。楽しみましょう。そして、批判している自分自身のことを、まともに受け取らないことです。

自分自身か、他者を批判するときはいつも、その批判の意識まで運び込んで、打ち明けましょう。次第に、あなたはあなた自身の内面の、批判のエネルギーを暴露します。すると、批判のエネルギーはあなたを支配する力を失うのです。批判のエネルギーは溶け始めます。あなたがどうにかして追い払おうとしたからではなく、あなたが快活に批判のエネルギーを容認して受け入れたからです。

批判は愛と受容に直面すると降伏します。

批判を持たなければ、分離の世界にあなたを留めるものは何もありません。さあ、あなたは自由です。今ではあなたは神のようです。あなたは批判を持たないので、一体性(ワンネス)と人生の真実の家に帰還できるのです。

もし人類が耳を傾けるのであれば、これは実際に人類を解放させる手引きです。

「批判」というマイナス感情に該当するバッチフラワーはビーチですが、

不思議なことにビーチを必要とする人の多くは、過度に「寛容な態度」を取りたがり、

自分が批判してることを無意識下に抑圧する傾向が強いのですが、

これからの時代、無意識下にある「批判」を洗い出すことが何よりも大切なようです。

最近では「知らん顔の親」も多いようですが、

子どもは泣くのが仕事のひとつ。とはいえ、静かな空間で甲高い声を出されれば、「子どものやることだから」と思えなくなってはくる。しかし、意外と街中にはいないだろうか。子どもを泣かせっぱなしで知らん顔の親たちが……。

ジェイコブソン氏が言う通り、大原は「実在(プレゼンス)を容易に体験出来る」場のせいか、

この時の赤ちゃんの親御さん達はとても「実在」的で、

出る際に「ありがとうございました」と挨拶して頂き、とても気持ちのいい思い出ですが、

レストランとかで子どもが騒いでいて「ムカっ」としても、そういう自分を意識出来ていればOKで、

その「ムカっ」が無意識に沈んだ場合、「罪」となります。

<罪>

唯一の罪はあなたの無意識の罪だけです。

犯罪が起きる背景には必ず無意識に沈んだ「罪」があり、

実在(プレゼンス)から来る素直な表現は、泣こうが騒ごうが、ちっとも「罪」にならないことを知った三千院前の団子屋でした!


URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top