酵素カフェ

金城光夫氏の「5次元の鏡」と日本の鏡・富士山

金城光夫氏の「5次元の鏡」と日本の鏡・富士山

1月11日は「鏡開き」ですが、

上の写真とも、これらは2019年新年早々の富士山で、
49609832_2023057921110884_1722820371515703296_nFacebookで知り合った長野の方が撮ったものですが、

清々しい富士山の姿にしみじみ、

「富士山ってホント、日本人の鏡だな〜」と感じ、

金城光夫氏の言うところの、

「地球はもう5次元・・」に、いっそうリアリティを感じます。

*****

感情を持ったまま、肉体を持ったまま、天国になったのが、今の地球です。

つまり、人間だけが、感情を持ったまま神になったのです。

それが5次元の世界です。

悟りとは、無の境地に至ることだと言われていました。

それは、3次元での遊びです。

苦しみや不幸がある前提で考えられたゲームなのです。

苦しみや不幸から逃避するための引きこもりです。

5次元では必要のないゲームです。

なぜなら、5次元には苦しみや不幸は存在しないからです。

全てが楽しみの前提から考えると、無の境地に至る悟りとは、逆の発想になります。

もっともっと、感情豊かに、起伏を楽しむのが5次元なのです。

感情を楽しむために生まれてきたのに、無の境地に悟って、
「どないすんねん」と突っ込まれるところです。

人にも季節にも波があります。

その波に乗って、感情が漂い、その感情をリアルに感じるために出来事が起こっているとしたら凄くないですか?

その波に逆らわずに、流れのままに生きると、もっと楽に、楽しく生きられるのではにでしょうか?

好き嫌いをせずに、全てを楽しみと決めたら、そうなりますよ。

悲しい時は悲しくていいのです。
ディスコのチークタイムだと思って、自分に寄り添ってあげてください。

淋しい時は、淋しさと共に、人を想う優しい自分を認めてあげてください。

楽しみや喜びは、みんなと分かち合いましょう。

さて、ここで鏡の話に戻ります。

出来事の鏡とはどういうことか?

外側の世界は自分の内側の投影です。

つまり自分の中の感情が投影されて、外側の現象が起こるのです。

喜怒哀楽のどの感情を味わいたいですか?

人間の意識では、楽しいことだけを味わいたいと思うかもしれませんが、魂はいろんな感情を楽しみたいのです。

心は常に幸せに満ち溢れています。

喜怒哀楽のどの感情のときでも、心は幸福感に満たされているのです。

唯一、頭だけが感情に好き嫌いがあるのです。

それを受け入れて、出来事を見直してみてください。

嫌な出来事が起こって悲しい気持ちになったとします。

それは、3次元的には悲しい出来事が起こったから悲しんでいるということになります。

しかし、出来事は鏡という見方をしてみると、魂が悲しみを味わいたいと思ったから、それが鏡として外側に映ったのです。
その悲しみを味わい、心は幸福感に満たされているのです。

しかし、頭だけはそれを不幸なことだと決めつけ来るしんでいます。

頭には、悲しみが幸せだなんて理解できないのです。

確かに親愛な人が亡くなると、とても深い悲しみに落ちます。
それを幸せだなんてとても思えません。

また、思う必要もありません。

悲しいのは悲しいのです。

無理に幸せだと思う必要はありません。

それと同時に、不幸だと思う必要もないのです。

悲しみは、幸せでも不幸でもありません。

どんなに冬が嫌いでも、必ずやってきます。

しかし、必ず春は来るのです。

どんなに悲しい気持ちも、時間とともに薄れて、やがて嬉しい出来事がやってきます。

それは、季節の移り変わりのように、魂も喜びの気持ちを味わいたいと思うので、その投影で喜べるような出来事が起こるのです。

つまり、時期とともに感情がかわり、その感情の鏡として出来事が起こるのです。

冬が嫌いだからといって、冬を避けることができないのと同じで、感情も避けることはできないので、それを受け入れて、それなりに楽しむことが、人生を楽しみコツなのです。

*****

感情の問題は、バッチフラワーでさんざんやってますが、
DSC_5173 (2)
素直に「鏡」をみとめ、感情を認識すると調和的にスルーしていくのは確かです。

それにしても「八咫の鏡」とか、

「鏡文字」=反転とか、

どうやら「鏡」には秘密がアルようでして、

それを解明してくれたのがロシアの元量子物理学者なんですが、

沖縄出身の元自衛官、金城氏の説明はわかりやすいです。

******

<5次元の鏡>

鏡は鏡

それはただ事実を映す代物です。

自分が見るもの全てが自分の鏡

すなわち、見たものが自分

ここまでは、なんとなく理解できますよね。

自分が自分を映し、一喜一憂しているのは一人芝居にほかならないのです。

しかし・・・

それは、3次元での話です。
ここからは、5次元の鏡の法則の話をしますよ。

それは魔法の鏡の話です。

「鏡よ鏡、鏡さん
世界で一番美しいのはだーれ?」

どこかで聞いた事があるおとぎ話のセリフですね。

これ、実はある真実が隠されているのです。

ある真実を隠すために、あえてあのおとぎ話はあるのではないかと、僕は思っています。

というにも、その鏡の使い方が5次元の鏡の法則だからです。

もちろん、おとぎ話のように意地悪な魔法使いになってもいいという話ではありませんよ。

鏡を見る前提の話です。

自分が世界で一番美しいという前提で鏡を見る行為こそが、まさに魔法なのです。

その前提で鏡を見るとどうなるか分りますか?

事実上の自分ではなく、世界一の美女だという前提を持って鏡を見ると・・

鏡に映った自分の良いところ、世界一の自分だと思える所を探すような見方に変わるのではないでしょうか?

あなたは、鏡の前に立った時にどんな自分を見ますか?

そのまんまの、ありのままの自分が映っているのが見えますか?

もしかして、鏡に映っているのが、ありのままの自分だと思っていませんか?

これが3次元の鏡トリックなのです。

鏡に映っているのが自分だと思い込んでいるのです。

「えっ?鏡はただの事実が映っているだけだと言ったじゃないですか?」
と思いますか?

はい確かに言いました。

でもそれは、その人が事実だと思っていることが映っているという意味なのです。

あなたは自分を何だと思ってますか?

冴えない人間だと思っている人は、鏡にも冴えない自分が映ります。

わたしは太陽だと思っている人は、熱い情熱の太陽のような姿が映ります。

自分に自信のない人は、劣等感のかたまりのような自分が、元気だけが取り柄だと思っている人は、元気満々の自分が映ります。

すなわち、鏡とは、自分が自分を何だと思っているかという自分が映るのであって、それがあなたの事実とは限りません。

本来のあなたは、愛に溢れた素晴らしい人間です。

しかし、鏡を見た時にそんな自分が視えないのなら、あなたは事実と異なった自分を見ているということなのです。

つまり、鏡とは、ありのままの自分を映すのではなく、あなたが勘違いしている自分を映しているのです。

自分を何だと思っているのか?

本来のあなたは、神です。

しかし、あなたは自分を神だと思えません。

なぜなら、あなたが思う神と比べると、とても自分が神とは思えないからです。

つまり、神を何だと思っているのか?

あなたが素晴らしいと思う神とはどのような神でしょうか?

あなたが素晴らしいと思う神は、その神が素晴らしいからそう思うのではありません。

あなたがそう思うから素晴らしいのです。

そして、その素晴らしいと思う神を想像することができるということは、それが自分だからです。

あなたの中にある素晴らしい所を映して、それが神だと思っているのです。

自分の中にないものは、想像すらもできません。

そうなのです。

自分の中にあるものを映しているのが、神なのです。

5次元の鏡とはそういうことです。

自分の中の最高バージョンを映すことで、あなたは最高のバージョンの自分という神を想像し、そして創造しているのです。

しかし、人は無意識に鏡を見ると、最低のバージョンの自分を見るクセがあります。

そう、それは長い間3次元で生きてきた習慣なのです。

ですから、5次元の鏡を使うには意識的に見ようとするしかありません。

ついつい無意識に3次元的な見方をしてしまったと気づいた時には、思い出して5次元の鏡を見ようとすればよいのです。

習慣はすぐには変えられませんが、常に習慣を変えようとしていると、そのうち習慣が塗り変わります。

地球上には、約70億人の人間が存在します。

つまり70億人の神がいるわけです。

全ての人が、5次元の鏡を使って神を映すなら、明日にでも地球上は事実上神の星へと変容するのです。

あなたは鏡に何を見たいですか?

5次元の鏡とは、映っている自分を見ることでなく、自分が見たい自分を映す鏡のことなのです。

*****

この「5次元鏡」は、トランサーフィンの鏡と全く同じですが、

難しいことをシンプルに表現できるのが日本語の強みですネ。

そして写真は被写体だけでなく、
19113790_851982694949506_6316940106488000822_n撮った人の「想い」も映る・・「鏡」だと思うのですが、

大学時代を東京で過ごし、
50103889_2031648456918497_7197596633763151872_o

故郷に戻り、仕事しながら写真を撮ってる長野の方の写真には、
10003872_476086085872504_4280350582464256658_oいつも優しい眼差しが感じられ、

2020年東京オリンピックに向けて、愛に溢れた自分を映す「鏡」が増えることを期待します!


URL :
TRACKBACK URL :

コメント & トラックバック

  • コメント ( 4 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. はじめまして、イルカさん。
    maあCと申します。

    ツイッターの方では、イルカさんは僕の数少ないフォロワーのひとりです。
    フォローしていただき、ありがとうございます。
    僕がツイートすることはありませんけど。

    ひょんなことからイルカさんのこのブログにたどり着き、
    以来、毎日楽しみに読ませていただいています。
    大変有益な情報共有に心より感謝いたします。

    情報を頂くばっかりで何のお返しもできませんので、いままで何年もコメントもせず、
    ただ読ませていただくばかりで、恐縮です。

    ただ、今回見たドラマが、かなり面白かったので、ご報告をと思いコメント欄をお借りしています。

    アメリカHBO制作のテレビドラマで「ウエスト・ワールド」というSFモノです。プライムビデオのほうで現在、会員向けに配信されていて、ファーストシーズンとセカンドシーズンが見られます。
    ※もうご覧になっておられるようであれば、無視していただいて構いませんので。

    「マトリックス」や「アバター」のようにレイヤーになっている世界観が描かれていて、今回イルカさんが紹介されている「わたしは王」のお話とも重なる部分があり、とても興味深い内容です。この作品がキチンと意図されて制作されたものかどうかはわかりませんが、そうだとしたら、新しい時代を感じます。全体としてはあくまでエンターテイメントですので、無用にくどいところもありますが、もしまだご覧になっていないようであれば、一度お試しください。各エピソードが10話づつで20話分のかなりのボリュームですけど。

    それでは、イルカさん、これからも無理なさらず、ご自愛ください。
    かげながら応援してます!

    • maあCさん、初コメありがとうございます。

      「ウエスト・ワールド」探してみますネ。プライム会員になっててヨカッタ!

      興味深い情報ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします♫

  2. 明けましておめでとうございます。5次元の鏡✨タイムリーで凄くありがたいです。光の方々が増えていく事が嬉しくて心が開きます。いつもありがとうございます

    • こちらこそ、暖かい励ましありがとうございます❤️

      今年もよろしくお願いします!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top