酵素カフェ

あらゆる問題を書き換える「逆序のサトリ」と消えたステルス戦闘機

信念とは、「考えるまでもなく常識として染み付いた世界観」で、

何か起きた時に、感情を誘発する「元」となってます。

「出来事→信念→感情→思考→行動」

だから信念が変わらないと、「落ち込みやすい」といった感情の癖も変わらないのですが、

信念は、オギャーと生まれた時からの環境・教育システムで「染み付いた世界観」ですので、変えるのがなかなか難しく、

「信念←感情←思考」という、逆の順序で責めていくのがイイと、

長年の精神世界探求経験から、砂見漠氏は言ってます。

4月9日「大仏の日」に知る聖武天皇への鎮魂と「新しい世界観」にシフトする方法

しかしながら個人的には、一瞬で「信念が変わる」こともあると実感してまして、

2001年の暮れ、つまり9.11が起きた直後ですが、

その頃の自分は、相次ぐ家族の病気でかなりダウンしてました。

もっとも、頑張り屋だったので、ダウンしている自覚はあまりなく、同じ頃、通い始めたヨガの先生に「詰まっているわよ」と言われても、

「何ですかソレ?」って感じでした。

で、ヨガ教室で知り合ったペルーの先生が我が家にいらして、

生まれて初めて「整体」を受けたら、カラダの奥からグニャっと緩んで、

「今まで、なんて重かったのだろう・・」って実感し、すごーく気分がよくなりました。

そして二三日後、ソファでうたた寝をして目覚めたら、

人の頭くらいの大きさの、オレンジ色の眩い光が、

ぽわーん、ぽわーん、ぽわーん、と、3つ出て来て、

3つ目の光には人のような「顔」が見え、

後に、ソックリな人を見つけ・・

ハトホルさんみたいなお顔でした!

感情のマスター、ハトホルさんが降りて来てくれたのかどうかわかりませんが、

ペルーの先生と、この3つの光との出会いで、

私たちは多次元的存在であることを深く確信し、

もともと確固とした信念のある人ではなかったので、

特に健康問題の領域で、簡単に信念を「書き換える」ことが出来ました。

ですので体験的には、思考の前にまず「行動」があるのではないかと思われます。

「信念←感情←思考←行動」

もちろん、やり方は人それぞれで、

思考を極めて、サトリに達したのがゲーテです。

考えに考え抜いた結果、ある時、脳の爆発的転換が起きた事を、ゲーテはフンボルト宛の書簡で語ってますが、悲しいかなフンボルトには、ゲーテに何が起きたのかわかりませんでした。

サトリといっても色々なレベルがあるわけですが、

今まで、ごくごく少数の人達が巨大な富を独占する「分離社会」を支えて来たのは、

他でもない私たち自身の「信念」であり、

しかし「今」、「競争社会」の不毛さをサトル人達がどんどん増えています。

「分離的な経験世界」から「調和的な経験世界」への路線変更を実現するためには、「信念」を起点とする一連の流れを、調和に向けて一致させなくてはならないのです。

そのためには、「分離的な比較競争」に囚われて来た価値観を手離すことで、3次元世界での学びを終了させる必要があります。そこには「調和的な幸せ」が無いことに気づき、比較競争に囚われた生き方を手離さない事には、新しい生き方を掴み取ることが出来ないのです。

だからこそ魂は、この世界での学びをクリアしようと、何度も転生を繰り返しているという事です。・・

既に十分な学びを得た魂たちが、いつまでも争いの世界に捉われている必要はありません。そうした人々は、調和への渇望と共に新たなる4次元世界へと、自らの経験世界を移行させて行くことが出来るのです。

ただ、それには「タイミング」というものがあり、その「古い世界からの卒業」と「新しい世界への入学」のための貴重な季節が、「今」私たちの経験世界を取り巻くエネルギー環境の中に訪れているのです。

昨日、「ステルス戦闘機F35」が消えましたが、

9日午後7時27分ごろ、航空自衛隊三沢基地(青森県三沢市)所属の最新鋭ステルス戦闘機F35A1機(乗員1人)が同基地の東約135キロの太平洋上を訓練飛行中にレーダーから消え、連絡を絶った。

F35を巡っては、昨年9月に短距離離陸・垂直着陸可能なB型が米国で墜落したが、通常離着陸型のA型は、これまで墜落したことがない。日本はA型を計105機、B型を42機取得する方針で、事故の原因次第では今後の取得計画に影響が出る恐れがある。・・

今回の機体の取得費は約140億円で、これまでに計13機が配備されている。

毎日新聞

この戦争用飛行機、
ナ、ナント、一台140億円ですよ〜

庶民は100円のコンビニコーヒーで済ましているところに、
ウチもたまに利用してまーす!

「140円じゃなくて140億円が消えちゃった・・」って感じですが、

庶民は目先の問題に忙しくて、そんなことにかまってられず、思考停止状態なのが現状です。

しかし、こういった問題を「信念←感情←思考」でちゃんと逆序すると、

「分離的な競争社会」とは、一部の人が「搾取」するためのシステムであることががよーく分かり(思考)、

当然ながら、怒り(感情)を感じたりしますが、そういった怒りは変容のための燃料でもあり、

感情が動くことによって、「調和的な経験世界」へと信念体系をシフトすることが可能になります。

ストレートな「怒り」に対応するバッチフラワーはホリーで、

実は今、ホリーを飲んでるのですが、

ホリー状態がバランスされると、その対極にある「愛」が大量に流れ込みます。

<ホリー>

愛はあまりに強力なので、その対極にあるのは嫉妬や復讐心や憎悪、羨望、恨み、敵意といった非常に強い感情です。このような感情を持たずに居られる人間はひとりもいません。

このような感情は、外に表現されることもあれば、意識されないまま、存在し続けることもありますが、このような強い否定的な感情は、深刻な病気につながる可能性もあります。

ホリーを選んだ理由は、毎度ながらの夫婦バトルでして、

世界平和は、まず「家庭の調和」からって感じですが、臨床的には「ケンカできない夫婦」はかなりヤバいです。

家庭内の問題は、日常的なだけに同じ間違いを繰り返してしまったりしますが、

チェストナットバッドは、経験から学ばない人たちのためにレメディです

感情が大きく絡む「人間関係」は、ペルーの先生が書き換えてくれた「スグに病院に行く、薬を飲む・・」といった健康問題への信念ようには、簡単には書き換えられないようですが、

身近な「人間関係」こそ、行動が大切で、

「信念←感情←思考←行動」

ちょっとした言葉使いや気配りをすることで、

両親や教育で刷り込まれた「考えるまでもなく常識として染み付いた世界観」が徐々に払拭されるハズです。

自分もそうでしたが、庶民が思考停止状態なのは、だいたいにおいて家族の問題で手一杯・・ということもあり、

実際のところ、家庭は最もハードな「学びの場」だったりしますので、

「既に十分な学びを得た魂たちが、いつまでも争いの世界に捉われている必要はありません」

というお言葉を、事あるごとに思い出し、

まずは身近な、出来ることから「行動」して、
バトルな「分離的な経験世界」から、安全な「調和的な経験世界」へと路線変更しましょう!

「電磁波防御 cmcbioペンダント」の副次作用と「脳の血流量が低下」に影響するもう一つの要素

引き寄せを超える「最適化の法則」ゼロポイントフィールドにつながる方法

環境汚染を最小にする「ベビーマグちゃん」を使ってみました!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK