酵素カフェ

マドモアゼル愛さんの「ルナティックの構造」と天日干し「玄米コーヒー」

マドモアゼル愛さんの「ルナティックの構造」と天日干し「玄米コーヒー」

占星術では、生まれた時の月の位置が太陽の位置と同じくらい、

その人の人生に、大きな影響を与えるとされてますが、

ベテラン占星術家のマドモアゼル愛さんは、

長年の臨床経験から、「月と太陽の関係」をこう論じてます。

<ルナティックの構造>

ルナティックの意味は月的、、ということで、月に捉えられた状態を意味します。具体的には狂気に陥ることを言います。

人がなぜルナティックに陥るのか、、、そのメカニズムが占星術的意味からですがわかってきました。・・

これは例ですが、おとめ座は整理整頓が上手な星座です。太陽がおとめ座にあれば、自主的に始めた整理整頓で、不健康に疲れたり気が沈んだりすることはありません。いくら大変だと思っても、知らないうちにむしろ元気を増していくはずです。自分の思うように整理整頓できる喜びがおとめ座にはあるからです。

しかし、これがおとめ座の月になると様相は一変します。整理整頓という幻想を月は見ているのです。整理整頓しなければと思えば思うほど、それはつらい現実になっていきます。しかし、幻影は常に整理整頓を強要してきますので、まるでとりつかれたように整理整頓を始めますが、どうしてもうまく行きません。

なぜなら、それは幻影だからです。うまく行くわけはないし、うまく整理整頓する能力も本当にはないからです。こうして三日三晩寝ずに整理整頓をしつづけて、ついにルナティックに陥った例を知っています。

月おとめ座という、占星術を知っている人にしかわからない話しではありますが、そうしたものが、人によって必ずあり、何等かの幻影を通してこの世を見ているというのは、私たち誰にも共通している事実なのです。

こう考えると、人間が置かれている位置が、いかに危なく、いかに無慈悲で、いかに罠に満ちているものかと言わざるを得ません。何で宗教家はきちんとこのことを、まず最初に丁寧に私たちに説明してくれないのか、、、憤りさせえ感じてしまいます。

なぜなら、これが人生におけるほとんどのつまづきであり、問題であるに決まっているからです。まず幻影を見ている、常日頃そうしている、、との認識から自身を振り返れば、すぐにでも深い自分への理解と問題の解決が手ごたえをもって近づくに決まっているのです。遠回りなどする必要もなかったのです。

ameblo

これは今朝の八王子、11月21日の朝日ですが、
DSCF4161
DSCF4163

ちょっと気になる筋状の雲は、
DSCF4165

時間とともに消えました・・
DSCF4168
DSCF4169

で、明後日、

「11月23日金曜日14:40」

双子座の満月となり、

新月・満月の時は、「ルナティックの構造」が強まり、

自分もそうですが、太陽星座と月星座が同じ場合は、

アイデンティティーと幻影が同じなわけですから、

なお、葛藤になりそうですので気をつけましょう!

いずれにせよマイナス感情が「幻影」なのは確かで、
DSC_5173 (2)

整理整頓好きの幻影を追い求めている「おとめ座の月」の人は、

おとめ座に対応するバッチフラワー、

セントーリーを飲むと、幻影から解き放たれるかもしれません。

向いてないことを求める・・といった幻影を追い求めてると、

人は「月の狂気」に陥っていく・・とのことですが、

そういえば、ピンク・フロイドの最高傑作「狂気」の原題は、

「The Dark Side of the Moon」でしたネ!

自分がピンク・フロイドを聞くようになったのは、

ペルーラムさんと一緒にセミナーしてた2006年頃ですが、

音楽家の山川健一氏は、

ピンク・フロイドを聞いてたらある日突然、

「無宗教だった著者に ある日、突然 オーラが見えた!」

とのことで、なかなか面白い体験談です。

子供の頃からオーラが見えたペルーラムさんは、

8年前の11月、3.11の直前に山梨の南部町に引っ越して、
DSC_1201

治療のかたわら自然農をはじめましたが、
DMqq9CBU8AIAe9a

そのお米の美味しいこと!
DSCF4156

何せ「天日干し」ですからネ。
DSCF4158

で、ウレシイ報告をいろいろ頂いてますが、

イルカさん、こんにちは。
以前、ペルーラムさんのお米について問い合わせさせていただいた者です。
ブログに公開してくださったメルアドに連絡し、無事に10キロ分けていただきました。
清涼なお味で、本当に嬉しいです。

「お礼のメールしたけど返事が・・」という声をラムさんから聞き、

もしかしたら「お問い合わせファーム」だと、

管理人のオカベさんのところにメールが入ってしまいまして、

オカベさんは、ペルーラムさんと共通の友人で、
DNIGKpNUEAAxBso

自分がブログをはじめたのもオカベさんのおかげなんですが、

彼のブログ、最近更新してないところをみると、

また、何か新しいことをはじめて忙しいようですので、

このブログは非公開でコメント出来ますので、コメント欄をご利用ください。

さて、先々週はまだ秋のなごりがあった清里高原ですが、
イメージ

先週はすっかり冬の気配で、
DSCF4144

しかし、これは「新芽」でして、
DSCF4145

春に咲く「準備」を
DSCF4147

凍てつく冬になる前に、
DSCF4110ちゃんとしているんですネ!

で、急に寒くなったので、

以前ペルーラムさんから頂いた「玄米コーヒー」を、
DSCF4096
はじめて、封をあけて飲んでみたら、思わぬ美味しさにビックリ!

いや〜正直、玄米コーヒーって「何?」って感じで、

やっぱ、日本人は「お茶」でしょう〜と思ってたのですが、
DSCF4152

DSCF4154

玄米を手間隙かけて焙煎した玄米コーヒーは、
DSCF4098

その味、香りが洋菓子にもピッタリで、
DSCF4131頂きものの手作りチョコケーキと飲んだら、ホッコリで、

旦那さんも「コーヒーより美味しい・・」と気に入ってました。

インスタント・コーヒーと同じく、お湯を注ぐだけで出来ますし、

コーヒーはカラダを冷やしますが、玄米は温めますので寒い時期にピッタリです。

で、「いくらだっけ?」とメールしたら、1000円とのことで、

天日干しの完全手作りで、
IMG_20181011_202645_785

無農薬なのに安いんじゃない!!
img_1
って感じで、3つお願いしておきました〜

ちなみに、11月24日のマーケットでは、

DsQXlwRVsAUHB4S

今月もやりまーす✨お米は在庫が終わってしまったので少しですがもち米やもしかしたら黒米を出品するかもです✨いつも通りお茶と珈琲玄米も出品します✨よろしくお願い致します✨

Twitter

ペルーラムさんの親戚が栽培してる無農薬野菜&総菜もGET出来るそうです。

先のマドモアゼル愛さんは、11月25日、ネット上で「月のセミナー」を行うとのことですが、

覚醒するまでは、「ルナティックの構造」内にいる認識を持ち、

満月前後はなるべく「感情をハイジャックする」モノを避け、

穏やかに、そして、楽しく過ごしましょう!


URL :
TRACKBACK URL :

コメント & トラックバック

  • コメント ( 4 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. イルカさん、こんにちは。
    ペルーラムさんとのやりとりでご心配をお掛けしてしまったようで、すみません!
    このコメント欄に記載のアドレスにご連絡くださったのだと思うのですが、先程チェックしてみたら、受信できていないよいです。。。
    ただ、ブログに掲載くださったアドレス宛に、別のアドレスからご連絡してお米をわけていただきましたので、すでにペルーラムさんとは何度もメールのやりとりをさせていただいております。ご安心ください。
    たぶん、こちらに記載したのと、ペルーラムさんにお米をお願いしたのが異なるアドレスだったので、別の人間だと思われたのだと思います。
    ややこしくて、すみませんでした!
    色々お気遣いいただき、感謝いたします。
    ご縁をありがとうございます。^ – ^

    • タヌキさん、わざわざお気遣いありがとうございます。

      ラムさんが言ったのがタヌキさんのことなのか分りませんが、

      いずれにせよ、「お問い合わせ」ファームについては、他の案件でも行き違いがあったので、この機会に明示出来てヨカッタです。

      それにしても、「タヌキ」って可愛いネーミングですネ。清里で時々見かけます!

      • イルカさん

        お返事ありがとうございます!
        今日、玄米コーヒーの件でやり取りしまして、
        別の方のことをおっしゃっていたようですが、
        たしかにウェブって便利なようで、そういうこと、ありますよね。

        イルカさん、タヌキさん、
        という呼びかけのやり取り、メルヘンぽくて気に入っています。笑
        では、これにて失礼いたしますね。

        ありがとうございました。

        • そうですねー、直接会話の情報の方が早いので、実のところ、メールはほとんど使ってない次第です。

          でも、文章の方がその人の持ち味、気持ちが伝わる面もありますね。

          お心使いありがとうございました❤️

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top