酵素カフェ

新月が男性に優位とされてきた理由と真の「自己実現」とは?

占星術上、「新月&新月生まれ」は「男性にとっては優位に働く」とされてきたのは、

新月には「自己実現」を推し進めるパワーがあるからとのことで、ひと昔前まで、女性は「自己実現」とか考えない方が多かったようですが、

今日の午前11:30分に迎える牡羊座新月のキーワードは「自分らしさ」とのことです。

2021年4月12に日は、牡羊座新月です。宇宙元旦後初めて迎える新月です。今回の牡羊座新月は、2021年の運の流れを加速し、スピードに乗せる役割をもった新月です。

なぜなら、牡羊座は12星座のトップバッターを飾るサインだから。勢いやスピード感、行動力や勇気、「自分自身、自分らしさ」も牡羊座の範疇です。

今回の牡羊座新月の特長は、天空図の最も高い位置MC(天頂)付近で起こること。MCは、仕事を示す第10ハウスの始まりで、理想の自分像や輝かしい姿、人生で最高の瞬間を意味します。つまり、「自分らしく輝ける仕事」「自分にしかできないこと」のヒントがつかみやすいというのが今回の牡羊座新月からのメッセージになります。

また、第10ハウスの牡羊座の月、第8ハウスの水瓶座の木星、第11ハウスの双子座の火星で「幸運の小三角形」が現れているのが、最大のポイントです。これは、自分の魂の声に市がたって行動すれば、宇宙からのサポートが必ず入るという意味。10天体順行中というのも、この「幸運の小三角形」に追い風を与えてくれるので、突っ走れるだけ突っ走ってOK。

牡羊座は綿密に計画するより、動きながら考える位がちょうどいいので、「とにかくやってみる、一歩踏み出す」というのが開運のヒケツになります。ただ、新月に金星がコンジャンクションしているため、「それが楽しいか」「自分がワクワクするか」を基準にしてみてください。気軽に始めたことが結果として成功や金運にもつながることを示唆しています。

もしあなたがいつも何か始めるのに考えすぎてしまって腰が重い、新しいことへの不安があるなら、今回の牡羊座新月のエネルギーをぜひ受け取ってください。勢いと行動力を授け、2021年の運の流れを引き寄せ、スピーディに波に乗せてくれるでしょう。

https://ks-selection.com/blog/new_fullmoon/aries_newmoon_20210412/

自分は牡羊座新月まれですが、「動きながら考える位がちょうどいい」はナルホドです。

で、「新月生まれ」ということは、太陽星座と月星座が同じであり、

ベテラン占星術家のマドモアゼル愛さんは、「新月生まれはムズカシイよね〜」とおっしゃってましたが、

その意味はよーするに、「自分らしさ=自己実現」の太陽と「幻想」の月が同じだから・・ということで、

確かに、人に合わせてばかりで「自分がナイな〜」と感じることがままあり、

しかしまあ、「それが楽しいか」を指針にしてれば「間違いない」ことも実感してます。

もう12年以上になる、「八王子〜清里通い」が飽きないのも、毎回「楽しい」からで、

4月10日土曜日、そろそろ葉が出てきた桃源郷を眺めながら、

午後2時頃、清里に着くと、室温・外気温とも9度で、まだまだ寒いですが、

冬至を過ぎて、どんどん日が長くなっており、午後6時頃、

この家の脇の空き地を通らせてもらって、目の前の草原に出てみたら、

夕暮れ時の八ヶ岳が素晴らしかったです!

「自然」が飽きないのは、同じ瞬間は2度ないからで、

それは「人間」も同じですネ!

ちょっと前まで凍っていた地面からは、ヨモギが出ていて、

3年前、ポール・スミザーさんの所で球根をGETした、

「シラーシビリカ」が、今年も咲き始めましたが、

不思議なことに、何も植えてないところにポツンと、

「シラーシビリカ」に似た花が咲いているのです・・
とても小さい花ですが、見つけた時は「ワクワク」しました!

八ヶ岳を堪能して家に戻ると、今年「古希」の旦那さんは薪割り中で、

先日、南部町のラムさんの所から持ってきた「栗の木」の中から、

幼虫が出てきたので、

鳥の餌箱に置いておいたら、
鳥さん、すぐに咥えて行ったようです!

まだ葉が茂ってないから、木々の合間から八ヶ岳も見えるし、
標高1200mの「遅い春」もなかなかイイものです。

翌日、日曜日はお昼頃に、

同じ脇道を通って草原に出たら、

まさに「春の八ヶ岳」って感じで、

富士山は見えませんでしが、春の日差しが心地よく、

ヨモギの若菜を摘んで、ヨモギのケーキを作ってみました〜

参考にしたのは、京都の古民家に移住したベニシアさんのレシピで、

吉濱ツトムさんによると、「料理」はワーキングメモリを鍛えるのにイイとのことで、

「還暦」と「古希」、ボケずに最期まで元気でいたいものです。

2018年1月、95歳で往生した義母は最後まで「頭がしっかり」してまして・・
人間は死ぬ瞬間まで、この世ならではの「学び」をし続けることを見せてくれました。

義母は90歳過ぎまで西荻窪で「一人暮らし」し、書道を教えていたのですが、
その書道教室は31年前に73歳で亡くなった義父が始めたもので、義母は成り行きで引き継いだ次第です。

結婚するまで「看護師」をしていた大正生まれの義母の太陽星座は乙女座で、

乙女座は「整理整頓」が得意で、かつ、ピュアでスピリチュアルな特性がある星座です。

2018年の暮れ、「月の座談会」でマドモアゼル愛さんに、

乙女座の義母の家は、生徒さんが出入りしていて(掃除する暇がないので)雑然としていたけど、すごく「落ちつく」空間だった・・という話をしたら、

愛さん、「あー、素晴らしいね、そのお母さんは自己実現したのだね」とおっしゃり、何気にナルホドでしたが、

自己実現とは、「ワタシ、乙女座なんで清潔好きなんです」とか「自分らしさ」にこだわらなくても、滲み出るものなのかもしれません。

あるいは「執着を手放す」ということなのかもしれず、

旦那さんの話では「あの人は看護師をやっていたかったのだろう」とのことですが、

環境的に出来ることから、「とにかくやってみる、一歩踏み出す」をしてると、自然に道が拓けてくるようです。

80歳くらいの時ですが、義母と書道の話をしていたら、
「死ぬまでに、自分の字が書けるかね・・」と言うので、すごいな〜って、しみじみ思いましたが、義母は確固とした「自分」を持ってる方でした。

ひと昔前までは「女性は自分を出さない」のがヨシとされたので、「新月は男性には吉」という占星術上の統計が出ているのでしょうが、

今となっては男女を問わず「新月」は、「自分らしさ」を滲ませる自己実現へのチャンスですネ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で







COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 虫喰い跡がロゴマークみたいで凄いですね^ – ^
    丸々と美味しそうな虫さんですね〜。

    一応ご報告なのですが、単語が全て「自分らしら」になっています。翌日のblogにもあるので念のため‥余計なお世話でしたらごめんなさい。

    あと、時々ご紹介くださるバッチフラワーの組み合わせが毎回思い当たるので驚きます。読んで認識するだけでもとてもためになるので、この機にお礼申し上げます。自分の何を癒せばいいのかを知るって大事なことですね。

    • アララ、ほんとだ、4つも「らしら」に・・ご指摘ありがとうございます!

      自分も皆さんからインスパイアされて、「自分の何を癒せばいいかを」学ばざれてますよ〜

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK